【G-SPEED】LCGマシンにMAMBA Micro Xを装着 〜 軽量化は意味があるのか?

最近ずっと、120Aの安ESCでアウトランナモーターを制御する企画を行ってきましたが、昨日の動画をもってその企画は終了しました。

なので、早速本命のMAMBA MICRO XをG-SPEED ENDUROマシン(本命の戦闘リグ)に装着しました。
今回はその報告です。

目次

CASTLE CREATIONS – MAMBA MICRO X

あわせて読みたい
【ESC】MAMBA Micro X – Castle Creations 〜ひょんな事から入手しました。 突然ですが、ずっと欲しい欲しい言ってた、キャッスルクリエーションのESC " MAMBA Micro X" を入手しました。 ジャジャーーん。 こちら、実は、ブログ読者様から譲り受...

前回の記事でも伝えましたが、サイズは別にマイクロって感じはしません。

HW1080と比べても、あまり変わらないでしょ?

なので装着は同じ場所へ。

CC-BECはここ。

モーターケーブルが長いのでチューブでこんな感じに。
ホントはもっとカッコ良くまとめたい!!です。

CC-BECの配線が意外とかさばるんで、サーボケーブルやらなんやらこんな状態です(笑)

かっこ悪いわコレ。

でもってお楽しみの計測会。

ボディとバッテリー乗せて2.7kgでした。

僕のマシンにしてはかなり軽いです。
タイヤのウエイト外したのが効いてます。

ウエイト外して、HW1080とホームズ550/15Tモーターの総重量計ってなかったけど、

このセットが313g。

MAMBAが58gで、
Holmes リボルバーが88g。

ってことは170g程の軽量化って事ですね。

それほど。。。と思いきや、
1/10スケールカーの170gって結構大きな変化あります。

これが吉と出るか凶と出るか?
ちょっとね、実は懐疑的だったりします。

個人的な予想

ESCの重量もそうですが、このマシンの場合は特に、
モーターが軽くなった事によるパフォーマンの差、これは結構あると思ってます。
※モーター性能の差は別で、あくまで重心に関わることで。

LCGシャーシの場合だと通常よりも低重心な位置にスキッドがあるので、
逆に重いモーターの方が低重心には貢献して有利なんじゃ無いか?
という予想も成り立ちます。

一方、低重心を突き詰めるとLCGのスキッドの位置も十分高い位置にあるので、やはり軽い方が良い、という見方も出来ます。

この辺は現場で確かめるしか無いですね〜。
多分キーになるのはボディ重量をいかに相殺させられるか?という事だと思っています。

近いうちに現場で検証してきたいと思います。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次