【タミヤ】CC-02 用のホップアップオプションズが4つ発売予定

僕の次期車輌はタミヤのCC-02が最有力候補である事を以前のブログでお伝えしました。

あわせて読みたい
【タミヤ】”CC-02″を買おうか真剣に考え始めた 買う買う詐欺も甚だしい管理人ですが、ずっと「いつか買う」「今度はこれ」「必ず買うことになると思う」と、言い続けているマシンがあります。 それがタミヤCC-02 やっ...

アメリカサイズではないクローラーを1つ持っておきたいという欲望と、ブログ運営的な意味合いも含めた総合的なチョイスです。

このCC-02ウニモグは 、発売されたら買おうとほぼ決めているのですが、初代CC-02であるG500ゲレンデの流通がいまだに復活していないところを見ると、まだまだ先になる予感がしています。

ただし、タミヤからCC-02用のアフターパーツ [ホップアップオプションズ] が現在の所4つばかり発表されています。

今回はそれらを紹介しておきます。

目次

OP.1991 CC-02 アルミダンパー (4本)

CC-02用のアルミダンパー。
4本セットですがスプリングは別売り。

お値段 ¥8,250

おいおい。。。。
高いわ(笑)

undefined

というか、アルミダンパーがオプションでリリースされるってことは、純正はプラスチックって事なのかしら?

昨今のタミヤ製品を経験したことが無い僕には衝撃の事実です。

undefined

この値段だったら、ELEMENTのダンパーセット買えちゃうよ〜。
でもサイズが合わないのかな・・・

OP.1992 CC-02 アルミダンパー用スプリングセット

ソフト、ミディアム、ハードが2種類ずつ合計6本はいってます。
上で紹介したアルミダンパー専用のスプリング。

径が細いらしいです。

という事はアルミダンパーに純正のスプリングは入らないって事なのかな。

やっぱりサイズが違うようですね。
長さも太さも。

CC-02ってタミヤ製の国産品だから「海外製買うより安く済む」なんて考えてましたが、ホップアップオプションズのパーツでアップグレードしていったら、下手するとAXIALのRTRマシンよりも高くなる”金食い虫車種”になる可能性が高いですね(笑)

少なくともダンパーは社外品を採用する事になる気がします。

OP.1990 CC-02 B部品 (マットクロームメッキ)

CC-02用のアクスルハウジング マットクロームメッキバージョン。

¥1,210

アルミ製のアクスルかと思ったら、純正品を塗装しただけのパーツでした。
だからお安い。

これは求める人は多いでしょうね。

OP.1989 CC-02 A部品 (マットクロームメッキ)

こっちも純正品を塗装しただけのパーツ。
ギアボックスですね。

¥1,210

undefined

まあ、需要はあるんでしょうけど、
そういう事じゃない感は否めません(笑)

undefined

でも、アクセントが出て良いかも。

そんな気もします。


ダンパーとスプリングは3/13頃発売予定。
クロームパーツ2つは4/10頃の発売だそうです。

https://www.tamiya.com/japan/newitems/list.html?current=undefined&genre_item=20

ここのリストにウニモグがリストアップされるのは、果たしていつになるのか?
気長に待とうと思います。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次