【LCG】DESERT RC の製品群がかなり気になる 〜 VW Bug ボディ / Coyote シャーシ

沢山のLCG系メーカーが生まれているアメリカ。
そして消えてもいますね。

そんなシーンで今僕が注目しているのが「Desert RC」というメーカーです。

Desert RC

活動地域は不明ですが、アメリカの西海岸から少し東に行ったユタ州 ST.George周辺かな?と推測しています。※WEBページにもメーカー所在地は記載なし

このメーカーはオリジナルのシャーシはもちろん、カスタムされた1点物のボディが実に魅力的なんです。

目次

Bug Truck ボディ

カスタムペイントでPatina処理(経年変化によるダメージ)されたBug(VW ビートル)ボディ。

1/10スケールの4WSマシン用に加工されています。

こういったBug bodyが沢山あります。
既に売り切れているモノもあります。というか、現時点では全て売り切れぽいです。

カスタムされたボディのみの販売価格は¥30,000チョイ。
良い値段します。

Goblin Bug Bundle Coyote Chassis Kit

で、ボディとシャーシや他のパーツとのセット品もあります。
シャーシはCOYOTEというオリジナルのLCGカーボンシャーシです。

上の画像のキット価格は¥64,600(売り切れですが)

Aqua Patina Bug Body

でもって、皆さん
これ、わかりまかね?

タミヤのワーゲンオフローダーのボディと思われます

確実ではありませんが、見た感じの形状などがほぼワーゲンオフローダーやモンスタービートル、ブリッツァービートルです。
ヘッドライト、ナンバープレート、ボディポストの穴などなど・・・。
モンスタービートルはフロントのアンバウインカーライト用の穴が空いていないので、ワーゲンオフローラーで確実ぽい。※ボディポストの位置は車種により少しちがうみたいですね

これは、ちょっと真似したいですね〜。
日本だと、安くこのボディ入手出来ちゃいますし。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

でもホイールベースが247mmなので313mmマシンで使用する場合、リア部分のカスタムも若干必要になるかも。

この動画みると分かりやすいです。

これはLCGマシンだからこそのボディワークですね。

まあですね、ビートルボディのLCGマシンというのは2年位前に一気に普及したことあるので、今更Bug ボディという感覚の方もいるかもしれませんが、

やっぱりこれは鉄板スタイルだと思います

Carbon Coyote Chassis Rails

Carbon Coyote Chassis Rails

オリジナルシャーシは「Coyote」と名付けられたカーボン製で、色が8種類あります。

今やカーボンが当たり前のLCGレールなので、少しでもレールの個性を出すために、いくつかのメーカーはカラー展開していますが、これは実に良いと思います。

見えないと言えば見えないけど、LCGは見えると言えば見えるので、レールがね。
チラッと見えるカーボンに色が付いているの、僕は好きです。

価格は¥12,300
https://desert-rc.myshopify.com/products/coyote-chassis-carbon

他にはLWB版のレールもあったり、Bugボディ用のスライダーもあったり、3Dプリントファイルの販売なども行っています。

ただ、ボディとのセットで買うのが一番理想的ですかね。

このBugボディこそが”Desert RC”である証し、というセット感が強く演出されていると思います。
LCGシャーシメーカーの中で、こういうケースは実に希です。

このボディが、Derst RCのオリジナルだったら、これはもう「ラジコンメーカー」の1歩手前です

Desert RC

公式ショップでは日本への発送もしてくれるようです。
要チェックですね。

https://desert-rc.myshopify.com/

Rock’n Crawlers ブログの新着記事をメール購読する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次