【3Dプリント】無料データでミニ収納ケースを作って見ました。

3Dプリンター、相変わらず稼働しています。

今回はThingiverseで公開されている無料のモジュール式の引き出しボックスを作って見たのでそのリポートです。

データはコチラ。
Fast-Printing Modular Drawer System (Vase Mode)

各種データをプリントすると。

こうなる予定です。

Fast-Printing Modular Drawer System (Vase Mode)

結構時間掛かってやっと1セット印刷完了しました。

これ、一つ一つは印刷が早いです。
小さな引き出しだと1つ30分くらいです。

「花瓶モード」といって、外側の壁だけ印刷する設定で行えばOKです。

結構ちゃんとした仕上がり。

横長のタイプもあります。

ケースをジョイントで接続させるとどこまでも拡張可能です。

で、完成。

手持ちのフィラメントの色がこんなのしか無いので、イマイチ感有りますが。。。

予定としてはネジ類をココに入れようかな?と思ってます。
倒したとき大変かな〜(笑)

ちなみに引き出しの中を小分けする為のケースインケースみたいなデータもあるのでそれを利用すれば、かなり細かく分類できそう。

軽すぎて安定感がないので、下側にウエイト貼りました。

このウエイト2年前に6kgのを買いましたが、未だに半分くらい余ってる。。。

ひとまずこんな風に配置。

さて、どうやって使おうか。。。(笑)


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Rock'n Crawler 管理人。ラジコンの全てにおいて初心者です。調べ物が大好きで日々色々なサイト情報をリサーチし続けています。物欲全開で欲しい欲しいと呟くことが多い割にお財布の紐は意外と固い。RCクローラーでは特にロッククローリングが好物。リアルさよりも走破性重視の嗜好です。