【塗装】REDCAT GEN8のデフカバーを塗装しました。

最近の活躍具合を見て、REDCAT GEN8の魅力を再認識しています。

値段も安いのに実に良く出来たマシンです。

今のところシャシー関係全くのドノーマルですし、強化パーツ系も特に導入する予定もありません。

でも1つだけやっておきたいことがあったので、今回はその作業の報告です。

SCX10iiiと同じように、デフカバーをイエローに塗った、というお話です。

「黄色」は一応このサイトのコンセプトカラーでもあります

目次

デフカバーを観察

GEN8のデフカバー。

こんな形をしています。

こちらはAXIAL SCX10iii

これはELEMENT RC ENDURO

どうでも良い比較ですが、形状がそれぞれ違って面白いデス。

フロント側はステアリングリンクの後ろ側に位置しますが、ネジがこっちを向いているので取り外しも楽です。

10.3とELEMENTは後ろ側にネジがあるのでちょっと面倒いです。

ギアにはグリスがたっぷり塗ってありました。

このデフカバー。
見た目だとプラスチックにシルバーメッキしてあるような印象でしたが、

なんとアルミ製です。

アルミなので軽いですけど、非常に頑丈です。

塗装

400番のペーパーで足付けして

ミッチャクロン→アルミシルバー→イエロー

の順番で塗っていきます。

イエローって色乗せるのが結構難しいんですよね。

でも下地をシルバーにしたら良い感じで出来ました。

タミヤ TS-16

クリアはセミグロスで。

完成。

どうせ傷ついて剥がれていくのでこの位で十分かと思います。

装着

早速取り付けました。

良い感じでアクセントになってますね〜。

リアも!

黒いネジが効いてるね。

丁度イエローのスプレーが無くなったので、ELEMENTのデフカバーはまたそのうち。。。

こんなプチイジリですが、色が変わると満足度高いので実に楽しいです。
エアブラシが欲しくなります。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次