トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

【着弾】バッテリーチェッカー

今日は色々と忙しくてこんな時間になってしまいました。

今回も小ネタです。

バッテリーチェッカーが届いたので簡単に紹介します。

AliExpress.com Product – Digital Battery Capacity Checker RC CellMeter 7 For LiPo LiFe Li-ion NiMH Nicd

アリエクスプレスで送料込みで¥500程でした。
到着まで約2ヶ月かかりました。

バランスコネクタを挿すだけです。
残量と電圧が確認出来ます。

何気にこれ便利ですね〜。

バッテリーの種類も5種類対応。
ニッケル系は電圧のみのモニタリングです。

これは、リポカットが働いた後の状態。
4%…..

10.23V….

1セルあたり3.432V
これ、大丈夫なのかな(笑)


このチェッカーは1つ持っておくだけで、フィールド遊びの時に役立つと思うのでオススメです。

¥500だし。

AMAZON Primeでも¥999だから2ヶ月末くらいならアマゾンの方が良いかもデスネ。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ハイテックの電圧チェッカー&バランサー使ってます
    値段は2000円程ですが、
    バランサー付きなのでそちらもオススメです
    G-FORCEからも中身同じものが発売されてます
    SkyRCからも2社と同じ充電器が発売されてるのでOEM元はどこかは解りません

    電気関連は詳しくないですが各セルの誤差が0.03V以上だと良くないって聞きました
    ボタンが無いのでシンプルで使いやすく、
    刺しておくと誤差を無くそうと
    高いVのセルを少しずつディスチャージしてくれます ほんのりと
    思い切りバランス狂っていたら自分は充電器のストレージモード2回程かけてます
    正しいかは解りません

    あと正しくない方法、「自己責任!」としてですが
    (こう書いておかないと今のネットは面倒な場合も?)
    知り合いから知った方法です

    0%になってチェッカーで表示出来なくなったリポバッテリーはエラーでリポモードで充電出来ないので
    バランサー端子にチェッカー刺しながらNiMhモードで強制的に少し充電しちゃいます
    各セルに1~2%ほど電気が戻ったらリポバッテリーモードに切り替えると
    エラー出ずに通常充電ができます(^Д^)
    もちろん膨らみ過ぎたバッテリーは破棄方向ですね

    余談ですがプリウスなどのバッテリーも満充電せずに70%程で止めておくって聞きました
    リポバッテリーは70~30%が負荷掛からず良いらしいですね
    それと携帯も一緒でご存じかもしれませんが
    一般的にリポバッテリーが劣化し出すのは500回の充放電って事ですが
    これはバッテリーの総容量x500回をバッテリーに入れるって計算らしいですね

    長々と失礼致しましたm(__)m

    • ハイテックの製品調べました。
      バランサー付きっていうのが良いですね。
      単体で挿しておくだけで調整してくれるなんてスゴく便利そう。
      欲しくなりました(^_^)

      裏技。そんな方法があるんですか\(◎o◎)/!
      ていうか、0%になるとエラーで充電出来なくなるんですか。
      全く知りませんでした。。。

      バッテリー関連は、本来ならもっと突き詰めて勉強するべきなんでしょうけど、
      なんとなくでも使えてしまうので、ついつい後回しになってしまいがちです。。

      いろいろ教えて頂きありがとうございます。
      バッテリーのこともう少し突っ込んで考えてみたくなりました(^_^)

コメントする

目次