トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

【タイヤ】Duratraxのタイヤを買いました

今日アメリカから届いたの物が2つありましたので報告です。

タイヤとボディポストです。

タイヤはDuratraxのDeepWoodsCR

ポストはヴァンキッシュの物で、まだ手つかずのバンキッシュボディをエレメントに装着するために必要になるので買っておきました。

Amainで総額送料込みで$50位でした。
注文から2週間ちょっと。

目次

Duratrax DEEP WOODS CR

このタイヤ、Youtube見てると良く目にするタイヤです。

特に良い評判も聞かないし、かといって、特段悪いという話も無い。
何よりも、アメリカブランドなのに安い、というのが良い。

DURATRAX社についてはこちらを!

Pro-Line HYRAXと迷いましたが、ハイラックスの半額なのでこっちにしました。
2セット(4個)で36ドル位ですもん。

ホワイトレターだとずっと思っていたら、シルバーのプリントでした。

アメリカ物の新品タイヤはSCX10ⅲのストックタイヤ以来お初です。
非常に柔らかいです。

コンパウンドは「スーパーソフト」ってのしか選べません。
言うほど柔らかいかな?

パターンはこんな感じ。
方向が決まってるタイプですね。
これをあえて逆に付けることで食いつきが良くなりそうな気もしています。

ワクワクします。

バラすとこんな感じ。

左はSCX10ⅲのNITTOタイヤ。
外径はほぼ同じですが、

幅はDEEPWOODSが1.8インチ
NITTOタイヤが1.7インチなので、少し幅広です。

ゴムの質感が凄く柔らかいので、岩場でちぎれたり破れたりしないかなぁ

10.3のホイールに組み込んでみました。

ウエイト付けてるので、重さはこんな感じ。
タイヤ自体はスゴく軽いです。

NITTOタイヤだと同じ条件で333gになります。

こんなステッカーが付属してました。

とりあえず、1個だけ装着。

良い感じです♪


タイヤを買えて、走破性の違いを楽しむのも、クローラーの楽しみの1つですが、どんどんタイヤが増えていきそうですね。

ホイールをいちいち付け替えるのも辛いので、ホイールも増えていきそうです笑

いまでこんな状態www。
もうゴチャゴチャ。

机の下にも3セットくらいあります。
その殆どはS氏か頂いたお下がり品ですけど(^_^)

そういえば、また貰ってしまいました。
PRO-LINE / FLAT IRON
プロラインと聞くだけでワクワクします。

直近のテーマは、これから増えていくであろうマシンとパーツ類を、モチベーションが上がる方法でちゃんと管理とディスプレイしていく方法です。

それについても、また報告します。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 師匠はカナダに住んでらしたことがおありだそうですから、英語はペラペラでしょうし、あちらでお仕事された経験もあるのかもしれません。

    ですから、当たり前のようにアメリカのクローラー事情を教えて下さりますが、ここまで統計立てて、分かりやすく教えて下さるサイトは日本にはないと思います

    私のような凡人はあちらのyoutubeやサイトを見てもトンチンカンなので、師匠のサイトを熟読させて頂き、本当に勉強させて頂いています。

    先日は師匠のサイトで勉強して、モーター(ホルムズホビー クロールマスター 13T エキスパート)を購入しました。
    ただ、師匠のようにアメリカから直接購入する知識も度胸もないので、YSS Crawlersさんで購入しました。

    今はタイヤにとても興味がありますが、こちらもいいものはアメリカにしかないようなので、また、師匠のサイトで勉強させて頂きます。

    分からないことがあったら、教えて下さいね

    • カナダに住んでいたのはもう20年以上前です。18-19歳のころですね。2年弱留学してました。
      遊んでしまったので日本に帰ってきました笑
      英語は殆ど喋れませんが、抵抗がないので聞くことはそれなりにできます。

      クローラーの事を調べていると、結局アメリカの情報がワールドスタンダードだという事が分かりました。
      日本のクローラーマーケットとはケタが1つではなく2つも3つもちがいますし、ラジコンカーという大きなジャンルにおいても、日本のシーンはどうなんだろう?と思う事も多々あります。
      その辺をブログで書こうと思ったことをもありますが、ちょっとテーマが強くなりそうなので自粛しています笑

      なので、今ではアメリカの情報ばかりを僕のフィルター通して配信している感じになってしまってますが、もしかしたら独断による間違いもあると思いますので、ご了承下さい(^_^)
      あくまでも、一人の初心者ユーザーの戯言と捉えて頂けると幸いでございます。

      Holmesのクロールマスター13Tエキスパートですか!
      いいモーター買いましたね〜。
      羨ましいです!

      自分のモーターはHolmesでもスポーツシリーズといって、廉価版のモーターなのでやはり性能は違うみたいなんですよ。
      いつか、試してみたいと思っていた5スロの高級モーターです。
      YSSさんは自分も利用したことあります。
      到着まで時間は掛かりますが、日本のクローラーシーンの先駆者みたいな方が運営されているようなので、いろいろな意味で間違いの無いお店だと思いますよ!
      物によっては送料無料にしてくれたりするので、海外で買うのとそれほど変わらなかったりもしますし。
      自分も本当は、日本のそういうショップにお金を落としていかなければならならいという自覚はあります。

      タイヤはフィールドによっても適正が変わりますし、自分のマシン特性でもベストチョイスが変わって来そうなので、非常に奥深いパーツですね。
      実車だと、こんなに何組もタイヤは持てないので、どんどん増えていきます笑
      ロッククローリングに特化せずに、トレイル中心、たまにクローリング、というスタイルなら、それほど高価なタイヤじゃ無くても良い気もします。

      その辺もそのうち、情報にして公開していきますのでよろしくお願いいたします。

コメントする

目次