トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

RCクローラー界における”3Dモデルファイル “

先日、今最もホットなアソシエイテッドのクローラーブランド”ELEMENT RC”から、エンジパーツの3Dモデリングファイルが公開されましたね。

もちろん無料。

https://www.associatedelectrics.com/news/latest_products/2379-new-3d-printed-engine-parts/

プリント済みの製品もパッケージ化されていて$36.00とお手頃価格です。

• Engine Block
• Valve Covers
• Intake
• Air Cleaner
• Timing Chain Cover
• Fan
• Harmonic Balancer

ラジエーターだけ別で、$18.50します。


一応、SCX10ⅲのマイクロサーボ用のサーボセイバーでお世話になったDMMの3Dプリント出力サービスで見積もり取りましたが、全部出力依頼すると一番安い素材でも¥7000オーバーなので、素直に成形品買った方がいいですね。
なので自宅に3Dプリンターガある人じゃ無いと意味ないですね。

3Dプリンタが益々欲しくなりました。

このほかTeam Accociated では3D出力したパーツの販売も
“shapeway”で行っていたりします。

https://www.shapeways.com/shops/associated-electrics


こういうアフターサービス的な展開、現代ならではで、実に良いことだと思います。

個人のクリエイターが公開しているレベルでは無く、メーカーがオリジナルのデータをフリーで公開しているという事がポイント高いですよね。
ブランドバリューに少なからず影響するものだと感じます。

他のブランドだと”REDCAT”も同じサービスを提供しています。
https://www.thingiverse.com/RedcatRacing/designs

3Dデータ共有サイト大手の”Thingiverse”にREDCATのオフィシャルアカウントがあります。
ルーフラック等のアクセサリから、マウント関連まで結構な数があります。

自分が調べた限り公式ファイルはこの2社のみですね。


元々凝り性な私みたいな人間は、このシーンの流れに乗らずにはいられません笑
サイズ的にも標準的なプリンターでラジコンパーツなら十分作れますもんね。

ちょっと頑張ればデータ作成も出来そうだし、なによりそこそこ安価に導入出来る3Dプリンターはかなり欲しいものの1つです♪

いろいろと落ち着いたら導入も視野に入れて検討してみたいと思っています。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次