【真鍮】REEFS RCからAXIALマシン向け ブラス(真鍮)製 低重心化パーツがリリース

REEFS RCと言えば、サーボですよね。
僕は持ってないんですが・・・。
高い・・・、けど、憧れです。

RCクローラー向けのアメリカンサーボメーカーという事で、その信頼度は抜群。希にREDCATのRTR製品でREEFSのサーボがバンドルされるケースもあります。

あわせて読みたい
【サーボ】REEFS RC 真鍮サーボの種類が増えています 〜 うかつに手は出せない逸品 「REEFS RC」RCクローラー サーボ界のトップリーダーと言えるアメリカのメーカーです。 以前より常にRCエンスージアストから支持率が高いメーカーですが、ここ最近ブラ...

ここ最近のREEFSは真鍮製品に力を入れています。
サーボの筐体が真鍮製という、他にはあまり設定が無い製品もリリースしてきており、エクストリームなLCGユーザーから熱い支持を得ているようです。

ちなみに僕が持っているREEFSの製品はELEMENT ENDURO様のスチール製スライダー。

そう、REEFSはサーボだけで無く、ちょくちょくこういうパーツも出してくれるんですね。
総合RCパーツメーカーとして今後が楽しみです。

今回は最近リリースされた、AXIAL用のブラスパーツ3点を簡単に紹介します。

目次

REEFS Brass Parts for AXIAL

3つのパーツがリリースされています。

  • REEFS Brass Portal Knuckle Set
  • REEFS Brass Portal Covers
  • REEFS Brass Portal C-Hubs

注意したいのは、”REEFS Brass Portal C-Hubs”のみ【AXIAL SCX10 Pro ポータルコンバージョン】にしか対応していません。

あわせて読みたい
【アクスル】AXIAL ポータル コンバージョンキット for SCX10 PRO 〜 AXI338001 PORTAL CONVERSION KIT:... SCX10 PRO ぶっちゃけどうですか?僕的にはもちろん気になるキットです。でも最近ですとVPのVRD カーボンとかも人気ですよね。 https://rccrawlers.net/2023/02/10/scx1...

他の2点はSCX10 III AR45ポータル / Capra Currie F9 ポータルにも対応していますが、基本的なコンセプトとしてはAXIAL SCX10 PRO 向けの製品と考えた方がベターかもしれません。

REEFS Brass Portal C-Hubs

重量は1つ28g

¥7,500
https://reefsrc.com/products/pro-brass-portal-c-hubs

REEFS Brass Portal Knuckle Set

重量は1つ46g

¥9,000
https://reefsrc.com/products/pro-brass-portal-knuckle-set

REEFS Brass Portal Covers

重量は1つ89g

¥6,500
https://reefsrc.com/products/reefs-brass-portal-knuckle-set-copy

REEFS Brass Portal C-Hubsの装着でステアリング角がアップする

公式の情報によると、REEFS174(真鍮Cハブ)とREEFS175(真鍮ナックル)をAXIAL SCX10 III AR45Pアクスルに装着することで、舵角が55度までアップするそうです。
ノーマルの状態の舵角がどれくらいか不明ですが、一般的な高性能マシンの場合(SCX10IIIやTRX4,ENDURO)などは45度というのが一般的です。多分SCX10 PROは純正でもそれ以上はあるはずですが・・・。

上の画像の緑のパーツ、つまりCハブは前述したとおりSCX10 PRO AR45Pアクスルに対応。ブルーとレッドの部分はSCX10 PRO、SCX10 III、Capraに対応しています。

3種類全部装着すると重量は326gになります。

こういうパーツは装着すると確実に走行性能が上がります。
手っ取り早く効果が出るので、オススメです。

REEFS RC
https://reefsrc.com/

Rock’n Crawlers ブログの新着記事をメール購読する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次