【観察】トラクサス TRX-4 のインナーフェンダーがスゴい。細部をチェックしてみる

先日、TRAXXAS TRX-4 2021 Bronco シャーシを弄って、ちょっとした作業をしたんですが、その際に取り外した「インナーフェンダー」を観察していたら”プチ感動”したので、そのポイント紹介します。

目次

TRX4 インナーフェンダーに詰まった設計力の高さ

こちら、2021 Bronco に装着されていたフロントのインナーフェンダーです。

これを見ると他のメーカーのフェンダーに比べて随分と形状が複雑である事が分かります。他のメーカーの場合、フェンダーはあくまでもフェンダーであって、そこにそれ以上の何かを付与しないというスタイルが多いですが、TRX4のフェンダーは違います。

このフェンダーが無いと「ラジコン」として成立しなくなる。
そんな重要なパーツなんです。

僕は、トラクサスの製品の組立をしたことが無く、今までRTRの経験しかありません。
なので、その構造など細かく理解していないのですが、今回はバラして見て「なるほどな〜」と思った次第です。

早速ですがこのフロントの左側のインナーフェンダーを見てみましょう。

これ、全て1つのパーツです。※ロックライトのカバーは外れます
パーツとパーツが組み合わさってこの形状になっているのではありません。
金型1つということだと思われます。

まず驚いたのがこの「パンハードマウント」がフェンダーと一体型のパーツになっている点です。

ELEMENTだとショックマウントと一緒だったり、完全に個別パーツとして設定されていますし、AXIALもパンハードマウントはそれ単体でシャーシに固定するタイプを採用しています。

どちらが良いのかは分かりませんが、この一体型のパンハードマウントは実に効率が良いと思います。
あと、製造時のコスト削減にも繋がっていると思われます。パーツ品数、ネジ数が少なくて済みますからね。

カスタマイズの幅は狭くなりますが、純正のパーツを使ってリペアする場合、誰でも間違い無く実行出来るようになっており、ユーザービリティに優れたメンテナンス性を実現していると思います。

そしてサスペンションを固定するショックマウント/ショックフープもフェンダー一体型です。

フロントに関してはショック位置の調整が出来ませんが、これも作業性が良く、幅広い層を対象にしているトラクサスらしいコンセプトです。

リアはショック位置を4箇所から選択出来る様になっていますね。

そして、ボディとシャーシを固定するクリップレスのボディマウントシステム用の穴。

更にロックライトを装着する為の穴が2箇所。
タイヤを真上から出なく、前後から2灯で照らす仕様であり、ムラの無い実用的な照明カスタムが可能です。

更にフロントバッテリートレイ用プレートを固定する為の、このスペース。

固定することでブレース的な機能も追加されます。

これが左右のフロントフェンダーとフロントバッテリートレイ。

このフェンダーが無いと

  • パンハードリンクが固定出来ない
  • サスペンションが固定出来ない
  • ボディの固定が出来ない

と、致命的な状態になってしまいます。

ただし!これ、
TRX-4 SPORTとD110ではちょっと構造が変わるんです

TRX-4 SPORTとD110の構造

これはほぼ全てのTRX4で採用されているフロント側の組立図です。
2021ブロンコも1979ブロンコも、TRX-6やハイトレイル系のマシンも、基本はコレです。
※フェンダーの形状などは違います

でも、TRX4 DefenderとTRX4 スポーツは違います。

普通にショックマウントとパンハード一体型のショックマウントが左右に装着されています。

というのも、ディフェンダーに関しては、インナーフェンダーがボディ側に装着されている仕様なんです。ほかの車種はシャーシ側にインナーフェンダーが付いています。

フェンダーの形状もちがいます。

まあ、これはどちらが良い悪いでという話では無いのですが、

流石トラクサスだよなぁ〜、よく考えられてるなぁ

と関心したわけであります。

TRX4を触っていて感じる「完成度の高さ」や「まとまり感」みたいなモノは、恐らくこういうパーツ一つ一つへのアイデアとこだわりが関係しているんだろうなと感じます。



Rock’n Crawlers ブログの新着記事をメール購読する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次