【新製品】TWS からニューマシンが登場!〜 CJ7 4×4 CTS Chassis ホイールベース 252mm / AMC Jeep CJ-7 タイプのマニアな一台

台湾のRCクローラーメーカー”TWS”から新製品が登場しました。

初号機のVTR(スズキ ビターラ)に続く車種は、AMC Jeep CJ-7というこれまたマニアックな一台となっています。
毎度ボディチョイスが絶妙ですよね〜。

TWS

完成度の高いCTSシャーシは走破性も高く、様々なシーンで楽しめるのは僕も経験済み。
実に楽しみな一台です。

目次

CJ7 4×4

まず、VTRのホイールベースは242mmでしたが、新製品のCJ7は252mmと1cmロングになりました。ホイールベースはちょっと変わるだけで挙動が大きく変わるので、VTRとの差別化という意味でも楽しみな部分です。

このホイールベースになったのは、やはりこのCJ7ボディのお陰。

完全にJEEP ラングラーですが、1976年から製造が開始されたこのクルマの当時の名称は「CJ7」でした。
なんとV8エンジンを積んでいたそうですよ。。スゴイ。

さらに、現在のJEEPは”FCAジープ”ですが、当時はAMCジープだったそうです。

FCA = フィアット・クライスラー・オートモービルズ
AMC = アメリカン・モーターズ

そんな歴史あるCJ7がRCクローラーとして登場。
マニアにはたまらん一台だと思います。

TWSのボディは再現度も高く、アクセサリーパーツ類もとても良く出来ているので、スケール系カスタムを楽しむベースとしても最高かと思います。

リアのライトユニット埋込部分もTWSより処理がしやすそうです(笑)

あわせて読みたい
【TWS】ボディ製作 〜 パーツをボディに組み込み 〜 その2 前回塗装してルーフラックのライトの加工まで終了したTWS VTRボディのビルド。 https://rccrawlers.net/2022/05/08/tws-vtr-body-paint/ 今回はLED埋込前までの作業をリ...

いいっすね〜。
格好いい。

詳細諸々

シャーシ部分の構成は基本的にVTRと同じです。
ホイールベースが252mmになったくらい。

遊星ギア構造ももちろん搭載。

このギアがTWSマシンのかなりの肝だと思います。
スチール製のギアにアップグレードを推奨します。

サーボはアクスルオンかシャーシオンの2種類から組立時にチョイス可能。RTRの場合は組み替え可能。

タイヤもホイールも良い品質です。
グリップ感もあるし、こだわりを感じる部分の1つです。

ショートマシンはタミヤのCC02か01しか持っていないという方なら、そのコンセプトの違いに必ず満足出来るであろう本格クローラーです。

素組みの状態でも良い足さばきと絶妙なギア比で、グイグイフィールドを攻略していく姿は、これからのショートマシンのマスターピースになり得るポテンシャルを持っていると感じます。

TWS製品は日本でも買えます!

あわせて読みたい
【tws-rc】日本のラジコンショップ”S-techs”で取扱開始。キット&RTRが入荷。しかも安い。 連日リポートしている台湾の新鋭RCクローラーメーカー"tws-rc"。そちらの製品群が、このブログで度々紹介している日本のRCカーショップ「s-techs」さんにて、販売が開始...

既にご存じのように、TWSの製品は日本のRCショップ「S-techs」で取扱があります。

S-techsのTWSコーナーはコチラ。
https://stechs.shop/shopbrand/ct396/

新製品のCJ7も入荷予定があるようですので、ゲットしたい方はS-techsに問合せをしてみて下さい。
※CJ7はまだ発表されたばかりで、本家サイトでも未発売です。(2022年11月7日現在)

TWS CJ7
https://store.tws-rc.com/

https://tws-rc.com/

※当ブログは”tws RC“より画像等の使用許可を得ています。
※This blog has permission to use images etc. from “tws RC


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次