トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

【漫画】ラジコンマンガ – 40歳からラジコンできるかな? 断言しようラジコンはとてつもなく面白い! TYPEーS 阿部秀司(著) 〜 その他のラジコン漫画、ラジコン探偵団・ラジコンキッド・ラジコンボーイ・・・

今回はラジコンと漫画の話。
ネット徘徊していて発見しました。
といっても「新刊」です。

その後、「他にもラジコン漫画ってるのかな?」と重い調べて見ると、1980年前後にいくつかの作品があったようです。
今回はそんな作品達を簡単に紹介。

ちなみに僕はあまり漫画を読んで来ませんでした。
でも、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は100巻までは全巻持ってました。
あと、「沈黙の艦隊」とか「アキラ」とかそのくらい。
なので全然詳しくありません!

目次

40歳からラジコンできるかな? 断言しようラジコンはとてつもなく面白い! TYPEーS 阿部秀司(著)

【 ますます加速するRC愛を見逃すな! 共感必至のRCエッセイ漫画 第二章 】 秋田書店のWebマガジン「マンガクロス」で絶賛連載中の実録RCエッセイ漫画「40歳からラジコンできるかな?」の書籍化第二弾です。少年時代に憧れたマシンと再会を果たし、40歳でRCライフを再スタート。ホビー街道を突き進む作者が、ますますパワーアップするRC愛を熱く描きます。趣味にまつわるちょっとした疑問や悩み、そしてよろこびに共感すること間違いなし。前作に引き続き、ワイルドウイリー2をはじめ、ホリデーバギーやバギーチャンプなど、80年代のバギーブーム世代のハートを直撃するマシンも多数登場します。また、タミヤレーシングファクトリーの前住諭選手のスペシャルコラムも必見。ビギナーからベテランまで幅広く楽しめることうけあいの一冊です。

今まで知りませんでしたが、Webマガジンで掲載されているモノを書籍化したモノなんですね。
こんなモノが存在していたとは・・・
しかも第2段。

表紙はタミヤの製品パッケージをイメージした遊び心溢れるデザインです。
もちろんタミヤが取材協力をしていることもあり、内容も完全にタミヤ製品オンリーみたいです。
タイアップ漫画ですね。

タミヤのWebサイトにも製品情報としてしっかり掲載されています。
https://www.tamiya.com/japan/products/63751/index.html

 秋田書店のWebマガジン「マンガクロス」
https://mangacross.jp/

第一弾 40歳からラジコンできるかな?

2019年11月に刊行された第一弾の「40歳からラジコンできるかな?」
グラスホッパーが表紙になってます。※実際は縦長のA5判です。

第1弾第2弾ともに「40歳から」という、僕にとってジャストターゲットな内容。
特筆すべきはコロナ禍で一気に広まったラジコンブーム以前にこの本が出版されていた点です。

素晴らしい♩

その他のラジコン漫画たち

こういう系の漫画と言えば「ダッシュ四駆郎」とか「ゲームセンターあらし」とか、その辺が思い浮かびますが、「ラジコン漫画」もちゃんと存在していたようです。

僕がタミヤのラジコンを始めて買って貰ったのが小学生4.5年だったと思います。1986年とかその位。もちろんその頃には「タミヤRCカーグランプリ」とか毎回見ていたので第1次ブームの頃だったと思うので、漫画がリリースされていても不思議ではありませんけどね。

ラジコン探偵団

すがやみつる氏による作品。
1978年〜1979年まで『テレビマガジン』(講談社)で掲載されていたそうで、単行本は全2巻のみ。

【ストーリー】ラジコン仲間の大助、福ちゃん、三太の小学生3人組はある日、誘拐事件に巻き込まれるが、持ち前のラジコンの知識をいかして事件を解決する。ラジコン探偵団となった3人はその後もラジコンカーを武器に、銀行強盗事件や密輸事件など、次々に難事件に挑む。 from wikipedia

「スキマ」( 漫画読み放題サイト)で公開中
https://www.sukima.me/book/title/BT0000291291/

激突! ラジコンロック

もろが卓・神保史郎氏による作品。
恐らく1980年の作品。全9巻
この表紙は再版バージョン

【ストーリー】大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作! from スキマ

「スキマ」( 漫画読み放題サイト)で公開中
https://www.sukima.me/book/title/BT0000486713/

ラジコンキッド

のなかみのる作画、神保史郎原作による作品。全7巻。
『コミックボンボン』に連載されていたそうです。

【ストーリー】普段は気弱な少年・木戸アキラこと素性を隠す為にヘルメットを被ると性格が豹変し、ラジコンキッドとしてライバルたちとラジコンレースで戦い、奇跡を起こしながらドライバーとして成長していく。from wikipedia

「スキマ」( 漫画読み放題サイト)で公開中
https://www.sukima.me/book/title/jcomi_43131/


他にも「ラジコンボーイ」という漫画もあったようですが、コチラは読み放題サイトには出ていませんでした。
それから「究極プロポでラジコンコントロール(フルカラーコミック)」というR-18作品がありましたwwww。何をコントロールするのでしょうか。。

ということで、ラジコン漫画の調査でした。
恐らく他にもまだあると思いますけどね♩


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次