【新製品】CEN Racingから1/10 カスタムリフトトラックが登場 〜 Ford F-250 SD KG1 Edition Lifted Truck 〜 時代はハイリフトへ?

CEN Racing から新製品が登場しました。
しかもハイリフトトラック!

先日のTRX4 ハイリフト仕様の登場にも驚きましたが、もしかしたらRCトラックのムーブメントははリフト車に向かう傾向があるのかな?なんて勝手な憶測。

でも、今回のマシンはTRX4のスタイルとはまた別です。
ちょっとチェックしてみましょう。

目次

CEN RACHING – Ford F-250 SD KG1 Edition Lifted Truck

CEN Racingのラジコンって、若干トイラジ系のテイストがあるんですが、昨年リリースされたFORDのカスタムトラックシリーズアタリから、本格ラジコンにシフトしてきた印象があります。

あわせて読みたい
【アメ車】CEN RACING – FORD F450 SD 1/10 4WD Custom Truck DL-Series アメ車好きの方、RCクローラーやってる方は結構多いですよね。 実際殆どのクローラー製品がアメ車ボディを採用しています。 特に多いのが旧車ボディ。恐らくライセンス...

今回リリースされたのはそのシリーズのF250 ハイリフト版。

写真見れば一発ですが、独特なスタイルです。

これは、オフロード走行の為のハイリフトではなく、”ラグジュアリーカスタムカー”としてのハイリフトですね。

大径ホイールに直径100mmの小径タイヤを履かせたスタイルが独特。
馴染みの無い人には”かなり”違和感のあるスタイルだと思います。実車の”SEMA”ショーとかのリポートを見ていると良く出てきますよねこういうの。

実車のジャンルとしては「Lifted Truck」が、まさにこのスタイルのことを指すみたいです。

ラグジュアリー仕様

こういうカテゴリーなので、このRC製品は初めからラグジュアリースタイルに必須のロックライトというかアンダーライトのLEDが埋めこまれています。

しかもRGBフルカラーです。

プロポの操作でセットされたカラーを変更できます。
すごいですね〜。

ただ、ボディはそこまで凝った造りでは無いかな。
普通です。特にギラギラパーツが付いているわけでもない。

理想を言えばこの手の車種だとプラボディの方が可能性は広がりそうですね。

シャーシはどんな感じかな?

まずスペックですが、

  • 全長:650mm
  • 全幅:255mm
  • ホイールベース:407mm

というロングなマシンです。
スケールは1/10。

ホイールベース 407mmっていうのは相当ですが、CENのこのシリーズは元々ロングホイールベースが売りでもあります。

この構造自体はいたって普通です。
※リンクが2本セットで搭載されていますね。こういうのは初めてみました(僕は)。

もちろん4輪駆動ですが、走りの性能がどうとうか、そういう事を求める車種では無いので、必要最低限という感じでしょうか。

僕的に気になったというか、以外だったのがココ。

サスペンションはTRX4のハイリフト仕様と同じ110mmのダンパーです。
が、それだけ。

つまりこの手の車種に必須の車高調整機能がありません!!(笑)
まあ、ラジコンにそれを求めるのはワガママですが、この車種にはそれを付けて欲しかった!!というのが正直な感想。

メカ類は普通ですね。
RGB LEDライトのコントロールボックスもあります。

価格は$469.00
本日140円/$を超えた為替で計算すると¥65,660。
PayPalレートだと7万超えですかね。

でも、これ、多分このブログを見てくれているRCクローラージャンキーの皆さんというよりも、もっと別の層の方達には刺さるマシンかな?という気がします。

REDCATのローライダーRCとかもそうですけど、アメリカの自動車文化の幅広さと、それを実際に本格RCカーとしてリリースする彼等はスゴイと思います。

これからも色々なRCカーが登場していくんでしょうね。

補足(2022.9.12)

読者様からのコメントでこのRCカーに搭載されている、最も特徴的なポイントを教えて頂きましたので、下記に記しておきます。Peroさん、ありがとうございました<(_ _)>

watts link suspension搭載

このマシンには「ワットリンク式サスペンション」と言うモノが搭載されています。
市販のRCカーとしては初採用になるそうです。

wikipedia

ザックリいうとこういう構造だそうです。
初めて知りました。

車体が上下に動いたときの横揺れや左右旋回時の挙動差がなくなるそうです。

なるほど〜。という感じ。

F250のフロント部分を見ると確かに普通の構造とはちょっと違いました。

宣材写真だとその部分がアップになっている画像がないので、イマイチ分かりにくいです。

この動画の3:42アタリが分かりやすいかも。

いや〜、勉強になります。
コメント欄もチェックしてみて下さい♩


フォード F-250 SD KG1 エディション リフト トラック
ブルー $469.00
コッパー $469.00

Cen Racing USA

https://www.cenracingusa.com/

※当ブログは”CEN RACING USA“より画像等の使用許可を得ています。
※This blog has permission to use images etc. from “CEN RACING USA


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • この車両の一番重要なポイントが抜けてると思うので補足コメントを残させて頂きます。
    watts link suspensionと言うのを装備しています。
    このサス方式は市販ラジコンでは初らしいです!かなり興味を惹かれるメカニズムです
    反面、サーボホーンが5㎝くらいの長さがあるらしくステアは弱そうです
    その他、以前のモデルと比べて樹脂製バンパーを装備してるみたいです。

    • コメント見失ってました。失礼しました。

      Watt’s linkageのことは初めて知りました。教えていただきありがとうございます!
      宣材写真みても気がつかなかったです(笑)

      いや〜、勉強になります。
      こんなシステムがあるんですね。

      記事の方にも追記しておきます!

コメントする

目次