【FMS】 FCX24 POWER WAGON 〜 1/24スケール界に現れた刺客!!

※プロモーション含む

昨日、開封レビューを動画でお届けしたFMS MODELの新製品

FCX24 Power Wagon

今回は画像で、その全貌に迫ります。

動画はこちら

目次

1:24 POWER WAGON FCX24 YELLOW/BLUE/RED

まずはオフィシャルの情報から画像メインで紹介します。

カラーバリエーションは3つ。
イエロー/ブルー/レッド

そしてこのシャーシですが、初リリースとなる新型のシャーシです。

今までFMSは1/18スケールの製品を沢山リリースしてきました。
そのどれもが基本構造は同じ物でした。

ですが、今回は初の1/24スケール製品。
なのでシャーシも全く新しくなっています。

  • 全長:210mm
  • 全幅 :124mm
  • 全高:132mm
  • ホイールベース138mm

FMSらしくスケール感の高いプラボディを採用しています。
なので重量は若干重めかもしれません。
390gです。

ですがココがFMSのアイデンティティ。
素晴らしいと思います。

価格ですが、

定価$169.99
現在は発売記念キャンペーン価格で$149.99
FMSサイト価格

となっています。

そしてFMSの製品の素晴らしい所は、発売日にAMAZON JPでも発売を開始してくれるところ。

現在の価格は¥19.999(国内在庫品では内ので到着には時間がかかります)

この価格は円安の現在、キャンペーン価格で海外から買うより安いです。

それから、キット内にはランダムにチョイスされたアクセサリが1つ付属しています。
サーボマウントとサーボホーンセット、ステアリングCハブ(左右)、フロントポータルアクスルのボトムキャップ(左と右)、デイファレンシャルギアセット、オリジナルバッテリーの5つうちのどれかです。

僕の箱にはディファレンシャルギアが入っていました。

FCX24を開封する!!!!

まずこの”FCX24″という名称ですが、明らかに AXILA SCX24を意識したネーミングです。

SCX24は今や1/24スケール界を独占してると言っても良いほど売れに売れまくってる金字塔。
その市場価値の高さをRCメーカーは放って置くわけがありません。

が、走破性に関してもアフターパーツの充実さなど、SCX24を超えることは他社にはなかなか難しいのかもしれません。
SCX24は129ドルから159ドルのラインナップがありますが、これはとてもコスパが良いです。
他社が対抗馬を作ろうとしたら200ドルは確実に超えるでしょうし。。。

そんな中、挑戦状をたたきつけてきたのがFMS MODELです。

FCX24というネーミングには挑戦的な何かを感じます。

今回開発された新シャーシ。

ESC、バッテリー、マイクロサーボは全て前方に配置。

トランスミッションはセンター置きです。

んん?
ちょっと何かが違う。

Power Dash RS-S130モーター。
そう、130モーターが付いてるんですよ。

1/24スケールで一般的なモーターは050モーターです。
コレよりももっと小さくて細いやつ。
FMSの1/18モデルも050モーターです。

130が付いてるって事はパワーも全然違います。
ていうか、1/18が050で1/24が130って???(笑)

でも、使い回し出来るモーターが日本には沢山あります。
ミニ四駆のやつ・・・。
トルクチューン2モーターとかつかえないかな?なんて考えてます。
はやいかな〜。

そしてこのトランスミッションとバッテリーの間にあるサーボ。

これ、何か分かりますか?

ステアリングサーボはアクスルマウントサーボなので、ステアリング用ではありません。

これ、です。

なんと、2スピードトランスミッションなんです。
しかも”メカニカル”の。

FMS 1/18の製品にも3スピード切替が出来る製品がありますが、あれはESCの制御で出力調整しているだけでした。

でもFCX24ではこんなギア構造になっているので、もの凄く快適な2スピードが体感出来ます。

シャーシ全体も纏まり感があります。

この製品は完全に「走破性重視」の設計ですね。
走らせてみても、1/18スケールよりも全然走ります。

ただ、タイヤはデカイです。
そしてグリップしません。

SCX24の標準タイヤは1.0インチホイールに直径50mm程のタイヤが一般的ですが、このホイールセットは約1.4インチのホイールに56mm程のタイヤが付いています。

これは、スケール系も意識した、POWER WAGONボディ搭載だからこその装備かもしれません。
今後のボディ展開によっては、タイヤが変わってくるモノと思います。

あと、ホイールベースも138mmと長いです。
SCX24は131mmほどです。

なので全体的にちょっと大きめの1/24です。

ちなみに、ポータルアクスルです。

単に走破性だけに振らない仕様です。
トレイルも楽しんでもらえるように、というFMSのポリシーみたいです。

POWER WAGON ボディ

パワーワゴンのキャブ部のみのボディが搭載されています。

プラボディです。

付属のパーツを付けると、スケール感がアップします。

スペアタイヤも付いていますが、トップヘビーになるので、走破性は落ちると思います。

が、やっぱりルックスは良くなりますね。

デカールも付属

でも「DOUGE」ではなく「DOUG」wwww。

格好いいと思います。
プラボディなんでリアリティも抜群。

ボディの脱着は黄丸の部分 4箇所の爪を外すとことで可能です。

初めはちょっと硬いかも。

LEDライトがあるので、配線がESCと繋がっているので注意して下さい。

LEDライトは2段階の明るさが調整出来ます。

いや、これ普通に格好いい。

大きさ比較

RC4WD 1/24 TF2と並べるとこんな感じ。

RC4WD 1/18 GelandeIIと並べるとこう。

1/18に近いかな〜。

室内走行テストでは走破性がかなり期待出来る!!!!

まずは足上げ。

1/24にしてはかなり優秀です。

50mmくらいかな。

メチャクチャストロークするし安定感もあります。

リアももちろん。

ダンパーが1/18マシンよりも全然長いですし、ちゃんとしてます。
でもオイルは入ってないです

それから、足上げ時、フロントはPOWER WAGONのフェンダーに干渉します。
1/24コンペマシン化するなら、フェンダーはカットしたいですね。

ボディの特性もあり、アプローチアングルが優れているので、こんな段差も1/24でもクリアしてくれます。

なかなかスゴイと思います。

タイヤが径が大きいと言うのも1つの要因ですが、僕が持っている1/18や1/24マシンでココまでの走りをしてくれるマシンはFCX24が初めてです。

外での走行はまだしていませんが、かなり期待出来ます。
普通にロッククローリングコースもいけそう??かな。

今後のポイントはカスタムパーツの汎用性

ということで、かなり評価点の高いFCX24ですが、このマシンが今後メインストリームで活躍していけるかどうかは、1つのことが大きく影響すると思っています。

カスタムパーツの有無

これに尽きます。

SCX24があれだけ盛り上がっているのは、カスタムパーツが多くのメーカーからリリースされている事が確実に影響しています。

どんなに優れたマシンでもRTRのノーマル状態では限界があります。
様々なカスタムパーツによる改造によって、シーンの盛り上がりが後押しされているのは事実ですからね。

このFCX24も、フルノーマルでもなかなかの走破性ですが、それをどう改造してより性能を高めるか?という1/10マシンと同じような楽しみが出来る様になると、受け入れる人が増えると思います。

まだまだリリースされたばかりなので、社外パーツは皆無ですけどね。

それに、SCX24用のパーツが流用出来るか?
というのも気になる所。サイズがね。。。。

ただし、こんなオプションパーツが純正品として既に存在しているようです。
FMSがFCX24にかなりチカラを入れている事が分かります。

僕の計画としては、

  • タイヤの交換
  • ボディの交換
  • サスの交換

この辺りをまずはやってみて、LCG化をしてみたいかなぁ、と思っています。

ただ、タイヤはアクスルがポータルなので、1.0インチホイールが装着出来るか?
という懸念があります。

そしてボディはSCX24用のボディだと、もしかしたら小さすぎる?
という気がしないでもない。

この辺は今後調査して情報公開していくつもりです。


ということでFMSのFCX24の初回でした。

今後は外での走行レビューをしていく予定。
実際のフィールドでどんな感じに走ってくれるのか?
お届けする予定です。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

  • 1/24スケール、盛り上がってますね。
    走りもスケール感もいいのは魅力的だな〜
    レビュー記事は物欲を刺激されるので危険です(笑)

    • スモールスケールって、リアリティ重視だけのモノが多いですが、
      やっぱり高いレベルで走ってくれないと持続して遊べないんですよね。

      今後、どんなカスタムが可能かどうかも含めてレビューしていきますね〜。
      刺激しちゃいます(笑)

  • 1/24スケール
    足さばきのバネバネ感、落ち着かせる方法無いかなぁ?
    日本でも盛り上がって24のコンペできるようになれば良いですね。

    • サスはSCX24とかでよく使われる1/24用のオイルダンパーをドゥループ仕様で組んでみたいな、と計画しています。
      付くか分からないけど。。。。

      24コンペいいですね〜。
      やりたい!

  • こんにちは。日記毎回楽しみに読んでいます。一つ質問よろしいでしょうか。FCX24、バッテリーを充電して本体に繋ぎ電源スイッチを押すとヘッドライトが一瞬点灯しすぐに消灯LEDランプが点滅しうんともすんとも動きません。このような症状出たことはないでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      僕のFCX24はまだ問題無く動いており、そのような症状はありませんが、
      一瞬LEDが点灯するというのは、
      ESCが壊れた
      バッテリーが死んでる
      という2つの可能性があります。

      他のRCでそういう事がありました。
      バッテリー充電しても必要な電圧まで達していないのかもしれません。
      バッテリーチェッカーがあれば一発でわかります。

      FCX24のLEDはESCから電源供給されているので、もし完全にESCが駄目になっていたらLEDも点灯しないと思うので、バッテリーの状態が個人的には疑わしく感じます。

    • バッテリーはチェック済みで問題なさそうです。FMSに問い合わせたところバインディングが出来ていないということです。まだ問題は
      解決はしていませんが、せっかく手に入れたFCX24ですので何とか走らせたいと思っています。ありがとうございました!

コメントする

目次