【安全第一】フィールドで遊ぶ時は”怪我”しないように注意しましょうね。

そろそろ梅雨が明けそうですね。

これからフィールドに出向く機会も増えてきそうな季節ですが(緊急事態宣言・・・・)、1つ注意しておきたい事があります。

「マシンは落下させても、自分は落下しないこと」

怪我しないように気をつけましょう。

目次

RCクローラー遊びは割と危険と隣り合わせ

昨年からクローラーで遊ぶようになって、それまでの生活が一変しました。

こういう自然の地形を求めて、それまで行くようなことが無かった場所に頻繁に出向くようになりました。
しかも人があまり居ないような場所を選んで。

そして、岩の上に登ってラジコンしたり撮影したり。。。

何度も「おっとっと・・・・」となったことがあります。

ラジコンに集中したり、撮影に集中してるんで、落ちたらとっさに身を守ることが出来るのか?
と言われると分かりません。

もう45ですからね。
体もデカイしwww

あとプロポも持ってるので、もしかしたらプロポを守ろうとしてしまうかもしれません(笑)

確実に骨折レベルの怪我をすると思います。
頭打ったら取り返し付かない事になる可能性もあります。

あと落ちて気を失って川に落ちたらアウトです。
マジであの世行きです。

とか考えると、ヘルメットしながら遊んでも良いかもしれませんwww
ボルダリングの人達ヘルメットしてますもんね。
あとライフジャケットも必要かな。

でもヘルメットとライフジャケット着てる人達が大勢でラジコンしてたら、異様な集団にしか見えませんね。
怖い。。。。(笑)

あと、こういう玉石が転がってるような所を歩いてると、動かないとおもって乗った石が動いて足をくじいたりすることもあります。
ラジコンに集中してると、そういう所の注意力が散漫になるので(僕は)注意したいところですね。

川は注意したい

昨年は貪欲だったので、こんな川が大荒れの時にもその脇のフィールドで遊んでました。

もちろん誰も居ません。
僕が落ちても誰も気がつきません。

路面は滑りますし、マジで危険です。

普段はこんななに穏やかなんですけどね。

でもだからって油断は出来ません。
こういう場所って、スゴく滑りやすいんです。

ツルッ、ってなって転倒とかの可能性は大いにあります。

特にこういう風に水攻めをしているときは要注意です。

僕はこの画像の日に、岩で滑って体勢を立て直した時に腰を痛めて数日間動けませんでしたwww

あとは、ちょっと冒険して水の中にサンダルのまま入って遊んだりする事もあります。
注意はしてますが、急に深くなってたりって事もあるので、その辺も危険と言えば危険。

あとは天気悪い時、
こっちは曇りだけど上流で雨降ってそうな時とか、これからの時期はゲリラ豪雨とかもあるので、急な増水で水位がいきなり増す事も考えられます。

ダム付近でも無い限り鉄砲水っていうのは無いと思いますが、やはり気をつけるに越したことはないですね。

沼地や草むらにも注意

ここ、立川ロックなんですが、
広ーいフィールドです。
高低差は無いんですが良いスポットです。

でも、土質がご覧の様な感じなので水を吸うとヌルヌルです。
場所によっては滑りまくります。

さらに、見た目には普通に見えても体重かけるとズボズボと沼のようになってる場所もあります。

これはその跡

やばい!と思ってすぐ足を抜きましたが、両足踏み入れてたら脱出困難だったと思います。

ジャッキーチェンの「ヤングマスター」に出てくる”底なし沼”みたいな場所も無いとは言いきれないので、普段人が足を踏み入れないような場所に行くときは、細心の注意を払いたいですね。

それから、川沿いの草むら。

これは流石に僕くらいかもしれませんが、新しいフィールドを開拓するためにこんな場所の中を進んだりしていましたよ去年はww。
もちろん一応道らしき道がある部分を通るんですが、自分の背丈より高い草が生い茂る中を進んでいると途中で方向感覚が分からなくなって、プチ遭難体験をしたことがあります。

こういう場所も、何があるか分かりませんからね。
蛇に噛まれたりとか、穴が開いてて落ちちゃったり、異世界に繋がってたり、オバケにさらわれたりとか。。。


ラジコン遊びしてて怪我しちゃうのはとても悲しいので、皆さんも安全第一でRCクローラーを楽しみましょうね♪


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次