【3DRAP】イタリア発のLCGシャーシが良さげ

「空前絶後のLCGマシンブーム」なのかどうか分かりませんが、2021年現在、確実にRCクローラーの世界でLCG勢力が拡大しつつあります。

色々なメーカーからLCGシャーシやパーツ類が続々と発売されており、スケールクローラーというリアリズムを楽しむスタイルから走破性重視の方向にシフトしているような気がしてなりません。

これは、ある側面から見ると「衰退への序章」という恐ろしい傾向の様にも感じられるわけですが、将来的にLCGとスケクロが上手く共存出来ればいいなと思う次第です。

と、つまらない話を聞きましたがwww
なかなか気になるLCGシャーシを発見したので報告させて頂きます。

目次

3DRAP from ITALY

3DRAP
覚えていますか?

以前このブログで紹介したタミヤCC-01用のコンバージョンキットをリリースしたイタリアのメーカーです。

あわせて読みたい
【タミヤ CC-01用】イタリア発コンバージョンキット”LONGHERONI” TAMIYAのCC--01 ラジコン始めようと思った時、CC-01のディフェンダーが数日間ショッピングカートに入っていてポチる寸前でした。 結局今では"アメリカかぶれ"化してしま...

久々にサイトを覗くと、LCGシャーシがカタログ入りしていました。

3DRAP FIZZY CHASSIS – ALU OR CARBON FIBER FOR CUSTOM SCALER (COMPETITION AND PORTAL AXES)

どうですか?
めっちゃエグれてますね。

スキッドも最近流行の斜めスタイル。

といっても、この画像だとフレーム全体が傾いているので実際は、

このくらいの傾斜です。

傾斜はG-SPEEDとかと同じくらいかな。
でもショックマウントとスキッドの高さはなかなかのモノです。
BRAZIN RCのATL Proとかその位と同じ感じかもしれません。

※公式サイトにはポータルアクスル車に適した仕様になっていると書いてあります。

セットで買うと3Dプリンタで製作されたマウント関係が付属してきます。

強度的にどうなんだろ?
という気もしますが、3Dプリンタで使用するフィラメントの選択次第ではなかなか強固なモノも作れるみたいですね。ますます3Dプリンタ欲しくなりましたwww

ショックフープは取り外しが可能なタイプです。

このタイプは所謂CLASS1レギュレーションに準じています。
取り外しが出来ないタイプだとCLASS2になります。

素材はカーボンとアルミの2種類。

3Dプリントのパーツはブルーとグレーの2種類から選択出来ます。

このスキッドは前後に移動できるよな仕組みになっているのでホイールベースも自由自在。

ただ、しっかり固定出来るのか少々不安ではありますね。。。

アメリカのLCGメーカーの場合、シャーシ以外は提携ブランドの品をバンドルしていたり、別途購入する必要があったりするケースが殆どですが、こういう風に必要なパーツが全てコミコミになっているには非常に嬉しいし、最終的にお安く済むと思います。

対応車種

LCG組む際に気になるのが、どのベースマシンに対応しているキットかってことですが、今現在の主流はAXIAL SCX10系とELEMENT ENDURO。この2車種です。

この3DRAP FIZZY CHASSISもその両方に対応。

LCG組むときにパーツ流用する際のポイントになるのは、トランスミッションの固定穴の位置とパンハードリンクの固定方法くらいです。他の箇所はなんだって付くはずです。多分。

お値段は

カーボンファイバー + 各種パーツ €129.00 (¥18,000位)
アルミ + 各種パーツ €69.00 (¥9,000位)

アルミだとなんか異様に安いですね。
送料込みで¥12,000位の計算になりました。

カーボンだと180g、アルミだと235gと55gの差がありますが全然アルミで良い気がします(笑)

付属品は

  • サイドメンバー
  • ショックアブソーバーマウント
  • フロントクロスメンバー
  • センターバッテリーホルダー
  • パナールバーマウント
  • ステアリングサーボマウント
  • リヤクロスメンバー
  • スキッド
  • ネジ

十分です。

オプションで€15払うと、ウインチサーボ用のマウントを追加することが出来ます。

3DRAP WOLF CHASSIS – ALU OR CARBON FIBER FOR CUSTOM SCALER (FREE RIDE)

そしてもう1種類。
こちらはウルフシャーシと名付けられた製品。

上で紹介したFIZZYシャーシはコンペティショナルモデルですが、こちらは通常のスケールカスタムシャーシです。

付属パーツ類の形状も違います。

スキッドも斜めタイプではありませんし剔れ具合も大きくありません。

こっちはブルーじゃ無くてイエロー。

スキッドは2種類ありオプション選択出来ます。

付属品は基本的にFIZZY CHASSISと同じです

WOLFとFIZZYシャーシの違いはサイズ

上記2点のシャーシ、決定的に違う点があります。
それがサイズ

こちらはコンペティショナルモデルのFIZZY。

こっちがWOLF

幅が違うんですよ。

ちなみにG-SPEED V3シャーシの幅はWOLFとほぼ同じです。
それを考えるとFIZZYが大分細身である事がわかります。

リプレイスメントパーツもバッチリ揃ってる

各種スペアパーツも1つから購入する事が出来ます。
これは嬉しいサポート体制ですね。


さて、なかなか魅力的な3DRAPのLCGシャーシ。

僕だったら、
FIZZYシャーシのアルミタイプで3Dプリントパーツはブルーの選択するかな。
ウインチサーボのマウントはいらないので、総額€87.90。
PAYPAL手数料込みで12,251円

悪くない!!!

3DRAP
https://www.3drap.it/scalers/


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次