【ブラシレスモーター】ドローン用のアウトランナーモーターはRCクローラーで使えるのか?〜 Part.2 〜

今思えば、無駄な買い物をしてしまったと自責の念に駆られている今回のブラシレスモーター企画。
素直に5mmシャフトの35サイズモーターを買えば良かったと思っています。

というのも、結論から言えば、
「120AクローンESCと航空用のアウターモーター」
この組み合わせで運用すること自体は可能だからです。

ちゃんと動きますし制御もまあまあ。
低速走行もクローラー用ESCの様な微細な運用は出来ませんがちゃんと出来ます。
ドラッグブレーキもそこそこ効きます。

ただ、何がダメって、僕がチョイスしたモーターが小型過ぎて(直径28mm)トルクが無い、という事です。

言い訳をすれば、「Amazon等で安価に手に入る35mm直径モーターが無かった」という事なんですが、安物買いの銭失いとは正にこの事かもしれません。

ちなみに、海外で同じ組み合わせの35mm直径モーターを使って実験されている方がいました。

ということで、前回の続きです。

あわせて読みたい
【ブラシレスモーター】ドローン用のアウトランナーモーターはRCクローラーで使えるのか?〜 Part.1 〜 寝落ちするかしないか、そんな状況でHolmesのアウトランナーをポチっていた事は既にお伝えしている通り。 僕にとっては禁断の果実。欲しい欲しいと思いながらも、「550...
目次

120A クローンESCと小型アウターローターの組み合わせはいかに?

とりあえず装着は出来ました。

ピニオンもロビンソンレーシングのものに変更。
取付穴の位置を調整し、バックラッシも程よい具合。

今回はコイツを回して、「走行が可能なのか?」という検証をしてみようと思います。

もちろん、装着前に動作確認はしています。

初めてのブラシレス。
初めてのアウトランナーモーター。

モーターのケースが回転する姿は、見ていて何とも言えない満足感を感じます。

あと、ESCのプログラムはクローラー向けセッティングにしてあります。
といっても、クローラー用ESCでは無いので、期待薄です。

平地での低速走行

机の上で低速走行を試しました。

120AのクローンESC。
クローラー用では無いという事もあり、超低速走行は苦手みたいです。
ガクガクブルブルした奇妙な動きでスムーズさは全くありません。

それから、手でマシンを押さえると、トルク不足でスパーギアがストップします。
これはやはり28mmサイズの小さなモーターが原因なんでしょうか。
たぶんそうだと思います。。。たぶん。

次は先日作成した登坂検証ボード「とはん君1号」で登坂能力を検証します。

スロットルをそれなりに握ってあげるとしっかり登ってくれました。

これはちょっと以外。

ただし、ニュートラルに戻すとスルスルとマシンは下っていきました。

プログラムカードの設定でドラッグブレーキ率は100%にしてあるんですが、クローラー用では無いのでやはり保持力はありませんね。

それから鉄アレイのこの段差を微速で越えられるのか?
という実験も行いました。

プロポのトリム操作で超微低速から始めましたが、やはりある程度のスロットル開度まであげないと登ることが出来ませんでした。

初めに紹介した海外の方の動画でも使用されている、このサイズのアウトランナーモーターなら恐らく実用出来るレベルのパワーはあると思われます。

Holmesのリボルバー ス ナヴノーズの薄型タイプスタイルが頭から離れなかったので、薄型を選んでしまいましたが、明日にはこのモーターが着弾しそうなので、今度はそっちで実験してみようと思います。


ここまで文章で書いてきましたが、
流石にコレは文章だと分かりづら過ぎますね(笑)

ということで今動画を編集中ですwww。

それは後ほどアップします。

今回はここまで。
ぎっくり腰が、ちょっと良くなってきたけど、まだかなり痛む。。。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次