【眠っているSCX10を復活させる】秘密兵器は旧式のLCGシャシー。さて組み立てられるのか?

数ヶ月長い眠りについた初代SCX10。

ポータルアクスルを入れたのですが思い通りに走らず気持ちが萎えたまま時が経過していきました。

ダンパーを変えたりオーバーフェンダーをつけたりしました

実はほったらかしにしたままかというとそうではなく、少しでも重心を下げるためにバッテリーの位置を現在流行のシャシー斜めに搭載するキットなどを装着したり、硬すぎるダンパーも少しスプリングの柔らかそうなダンパーにコンバートしたりしていました。

カーボン製のバッテリー移設キット。まぁなかなか合理的な考えでネジ穴の位置もピッタリで装着しやすかったです。
組み立てるときは買ったサイトの画像を参考にしてみましたよ。

ですがフィールドで試す機会もなく時が過ぎていた訳です。

その頃このブログの管理人ロックンクローラーズさんはLCGシャシーの解説ページを毎日のように更新していましたね。

僕からすると取扱説明書もなく組むのが難しそうなLCGへのコンバートは全く考えていません。

「やっぱり手先が器用だといいなぁ」と位にしか思わなかったんです。

ところが、、、

LCGシャシー解説の終盤戦でBPCと言うメーカーが解説されていました。

概要は

①4年位前にアップデートは終わっているが、スチール製のシャシーで初代SCX10/SCX10.2用が2種類発売されている。

GenX Steel SCX10 Chassis Rail Kit $74.99

Gen6 Steel SCX10 Long Wheelbase Chassis Kit $89.99

②エーメインホビーで買うことが可能。ユーザー登録してあるので1-Clickで買える。これ非常に大事です。
https://www.amainhobbies.com/bpc-chassis/b2678

管理人さんの「眠っている初代SCX10が家にある!」この殺し文句は非常に胸にぐさりと刺さりました

ココで1番刺さったのは③の「眠っている初代SCX10が家にある!」という管理人ロックンクローラーズさんの殺し文句なわけですが、値段を見てみるとどうも80ドル位で買える感じです。

なんか最新のシャシーのセットよりもだいぶお手頃な感じですね。


この会社BPCのホームページでは何故か「GEN X」は記載がなく「GEN6」までしか紹介されていません。なぜなんでしょうかね。

それはさておき、エーメインホビーの商品紹介ページを頼みの綱。Google Chromeブラウザの日本語訳で読んでみると、「GEN X」はSCX10スキッドプレートそのままフレームに装着することができそうです。

GEN6にはよく見ると別体でスキッドプレートがあるんですね。その分値段も15ドルほど高い。

なんとなくわかるのは右から左に積み替えようとした時、不器用な人間にとっては「GEN X」がどう考えてもよさそうです。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • いやいやカッコいいですよコレ。良く走りそうですし。Ford風ボディ似合ってます。個性的だし。

    • ありがとうございます。
      いつも時間ばかりかかってしまってるんですが、
      そう言っていただけるとありがたいです。

      次回もがんばります。

コメントする

目次