【ボディ】プロライン Power Wagonの荷台が余ってるので有効活用しよう! 〜 マウント方法 〜 なんとか完成

前回荷台をカットして短くしたことまで完了した PRO-LINE POWER WAGONボディ。

あわせて読みたい
【ボディ】プロライン Power Wagonの荷台が余ってるので有効活用しよう! 〜 短縮加工編 ちょっと時間が空いてしまいました。パワーワゴンボディの荷台活用計画の続きです。 前回は塗装するところまで完成しました。 https://rccrawlers.net/2021/03/31/power...

一番の難関と思われた、シャーシへのマウントに取り組みました。

たぶん、経験豊富な先輩方は色々な方法をご存じだともいますが、無い知恵を絞ってなんとか完成したので報告しておきます。

目次

ホームセンターで金具を入手。

仕事帰りに新山下の島忠で使えそうなモノを物色しまくりましたが、なかなか無いんですよ。
ホームセンターって、ラジコンに使えそうなモノがありそうで意外と無いですよね。

サイズ感が違うって言うか。

最終的にコイツを買いました。
8個入りで250円くらい。

ペンチとラジペン使ってグニャグニャ曲げて左のような状態にしました。

かなり固い金属なので大変でした。

イメージとしてはこんな感じ。

引っかけて倒すとテンションがかかって外れなくなるだろう。。。という予想。

問題は、これと同じ形のモノをもう一つ作る必要が有ることでした。

そもそも、適当にペンチで曲げて作ったので、どうやったら複製出来るのか悩みました(笑)

ちょっと違いますが、大体同じ感じになったかな。

ボディに金具を装着

ネジ固定したいので、金具に穴を開ける必要がありました。

なので、先日購入したドリルの刃で穴を開けることにします。
最近こういう加工が多くて楽しいです。

あわせて読みたい
【自作バンパー】POWER WAGON用のフロントバンパーをホームセンターのパーツだけで自作してみました。 週末2日間に渡るG-SPEED LCGマシンのシェイクダウンを終え、ボディは既に傷だらけです。あとフロント部分の割れもwww なぜならフロントバンパーが無いから。。。 ポリカ...

一番細いビットから順番に穴を拡張して4本目で3mmの穴が空きました。

綺麗に空きました。

これをボディに固定します。

こんな感じ。
もうね、ドンドン重くなります(笑)

でも、この荷台はスケールルックを少しでも上げるためのモノなので、良いとします。

出来た!と思って装着させたら、取付幅を間違ってカーボンレールに干渉してしまいました・・・www

なので、再びボディリーマーで穴をあけてずらしました。
ボディボロボロです(笑)

そして、

ボディ裏に100均のネオジウムマグネットを2枚重ねで仮固定。

これで、ピタッとガッチリ固定されます。

パカッと開く感じがニヤけます。
開けても弄るモノ何も無いですけど。

閉めると強力マグネットのお陰で一瞬でしてくれます。

完成〜。

やっぱり、荷台があるのと無いのでは、クルマらしさに差が出ますね、

悪くない。

荷台が邪魔にならないからフィールドでも十分つかえる。

これにてパワーワゴンボディカスタムは終了。

あとは荷台にスケールパーツ載せたりして遊んでみたいな。
本気モードの時は荷台外してって感じでs。

ご開帳の角度はもっと浅くしたかったけど、金具加工ではそこまで出来ませんでした。

いや〜、なんだか、久々に満足感のある仕事しました、

プロラインのパワーワゴンボディ、
LCGではド定番ボディですが、実際日本国内ではそれほど採用されているケースは多くないボディでもあります。(たぶん)。

フィールド行った時に被ることはまず無い気もしますし、オススメデス。(地域差はあるかも)
RTRとかキットに付属してるボディじゃ無いので当たり前か・・。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次