【スケールボディ】JKRCのクオリティが高そうなボディが気になる

G-SPEED LCGマシンが落ち着いて、一気にスケール系へのモチベーションが復活してきております。

シャーシを増車するのは金銭的にもキツい!という事情もありますので、ボディだけ入手して324mmホイールベースのGEN8か313mmのSCX10ⅲに載せ替え出来るカッコイイボディが無いかな?

なんて探しておりましたら、ちょっと気になるボディブランドを発見したので報告します。

目次

JKRC from 韓国

詳しい事は分かりませんが、JKRCは韓国発のボディ&スケールパーツメーカーです。

JKRC
http://jk3drc.com/index.html

非常にクオリティが高いボディが特徴で、全てハードプラスチックボディとなっています。
※3Dプリントという記載は見当たりませんが、恐らく3Dプリント技術を使ってるはずです。

価格も$200〜$400程と非常にお高いですwww

Ford Econoline ボディなど珍しいボディが存在するのが、こういう初期ブランドの魅力でもあります。

2014 Dodge Ram regular cab 6×6 なんて、正にオンリーワンだと思います。

いくつかのラインナップがあるんですが、僕が一番惹かれているボディが1つあります。

それがこれ、

Unimog U5023 singlecab rally 313mm $350

ラリートラックスタイルのボディ。
メッチャクチャツボなんですよね。

いや〜、カッコイイ。
実に好みです。

欲しい。
是非とも欲しい逸品です。

UNIMOG U5023

知らなかったんですが、U5023ってメルセデスの現行車種なんですね。

ウニモグ自体がまだ現行で存在していることを僕は知りませんでしたよ・・・。

最強の格好良さですね。

スケーラーは古いボディが主流ですが、現行車種のボディをこれからドンドン増やしていって欲しいです。

似たようなRCトラックにこちらがあります。

アメリカのメカブランド TEKINが企画で行ったラリートラック K-55マシンです。
ヤバイ、カッコイイ。

これも3Dプリントボディで恐らくワンオフ品なので、マネは出来ませんが憧れの一台です。

手に入る、という意味ではやはりJKRCのこれが最も現実的かもしれません。

ちなみに$200バージョンもあります。
そちらは自分で組立が必要なキット版です。

そう考えると少し現実的になってきた気もしますね。

良い感じです。

送料入れてこの価格。
良い値段ですが、このクオリティ考えたら悪くない。

といっても、制作時の技術が相当必要になるキットなので腕はかなり必要だと思います。

将来の候補リストに追加しておくことにします♪


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次