【プロポ】FUTABAのカー用送信機 〜 ラインナップ – 双葉電子工業

「今更なぜプロポ?」と思う方も多いでしょう。
確かにプロポを買う予定はありません。

でも「プロポ」って、ラジコン本体と同じくらい男心をくすぐるガジェットだと思うんです。

今のところはFLYSKY NB4 Nobleで十分満足しているので必要性は全く無いんですが、次買うなら国産プロポが欲しいと思ってます。

FUTABAかSANWAのどちらかの4chモデルかな。

という事で、以前調査したこともあったプロポメーカーの製品ラインナップ(カー用)を改めて記事にまとめて見ました。

双葉電子工業株式会社

今回はフタバ編。

目次

FUTABA 7PXR

チャンネル数:7ch
プロトコル:T-FHSS SR / T-FHSS / S-FHSS / FASST-C2
ディスプレイ:4.3インチ フルカラーLCD + タッチパネル
テレメトリー:対応

フタバのハイエンドプロポ。
レースの世界ではサンワほどでは無いが支持率が高い製品。

価格:¥69,000

R334SBS or R334SBS-E が付属する各T/Rセットが¥10,000程の¥79,000
ダブルレシーバーだと少しお得で¥85,000

めちゃくちゃ高いやん・・・・(笑)

あと、クローラーラジコンでは明らかにオーバースペックです。
が、、そんな事は趣味の世界では関係ありません。
良い物が欲しくなるのは男の定め。

個人的に選択肢としては大いにアリだと思います”7PXR”。

というのも、スーパーラジコンのオンラインショップ価格だと、
送信機のみ¥52,800(スーラジ)
T/Rセット¥56,485(スーラジ

というお買得な価格になってます。(これでも高いですけどね)

国産カー用プロポで唯一の7ch仕様

国産のプロポメーカーって「地上用(カー用)なら4chあれば十分」というのが一般的な認識のようで、アメリカや中国のプロポメーカーのように5ch,6ch,8chなんていう多チャンネルプロポは存在していません。この7PXRを覗いては。

ツーリング&バギーの事しか考えていないからですかね。
クローラーやトラック系なんかは「4chじゃ足らない」っていうケースが多々あります。

特にTRAXXAS TRX-4やAXIAL SCX10ⅲのみたいに、標準で4ch仕様のマシンの場合はLEDコントロールとかウインチ操作とか、そういうカスタムをしようと思うと5ch以上が必要になってくるんですね。

国産プロポでそのジレンマから逃れるには7PXRしかありません。
※空用プロポという手もありますがスティック式はフィールドでは扱いにくいです←実体験

ただし注意が必要です。
T/R(トランスミッター&レシーバー)セットに付属するR334SBS は4ch受信機ですので7chは使えません。

R2008SB ¥12,000
こちらの8chレシーバーが必要になってきます。
プロトコルはS-FHSS です。

ちなみにS-FHSSなら、僕が使用している”R8SF”

こちらでも動くはずです。
実売で¥2000程なのでお得です。
性能も十分。

クローラーで遊ぶならハイレスポンスモードであるT-FHSS SRで有る必要もないので、送信機単体とR8SFかR6SF(6ch)を導入するのが最も賢いチョイスかもしれません。もちろん別マシン用にT/Rセットを導入するのもアリですけどね。

色々なモードはあるんですが、クローラーではコチラもほぼ使う事は無いでしょう。
ただ、ツーリングやバギーも嗜んでおられる玄人さんなら、7PXRで全ての地上用ラジコンを不満無く制御出来るでしょうね。そういう意味で言えば、初めに7PXRを導入しておけば今後プロポに迷うことは無くなります。そういう意味でも間違いの無い選択だと感じました。

1つ懸念点があるとすると「大型ディスプレイ」

クローラーのフィールドで落下させたら割れちゃう可能性大です。
自分のFLYSKYもモニタがあって便利なんですが、もし割ってしまってLCDがダメになったら操作できないんですよね。メモリーの読み込みとかも出来なくなるだろうし。
そういうリスクはクローラー用途だとある気がします。
スマホで使うようなガラスフィルム貼っておく方が安心です。

4PM

チャンネル数:4ch
プロトコル:T-FHSS SR/ S-FHSS / ミニッツMR-03EVO
ディスプレイ:モノクロ液晶パネル
テレメトリー:対応

フタバのミドルクラスプロポ。
SRモード搭載の本格仕様。
軽量でシンプルな操作感。
コストパフォーマンスに優れたフタバの一推し製品という印象です。

双葉電子工業(Futaba Denshi)
¥23,455 (2021/06/07 11:25時点 | Amazon調べ)

僕がラジコンを始めようと思った昨年の今頃、購入しようと思っていたプロポは正にこのFUTABA 4PMでした。

R314SB or R314SB-E 付属のT/Rセット ¥26,500〜¥27,500 (wレシーバーセットは¥31,000〜¥32,500)

コチラの受信機を選択した場合は”SRモード”は非対応
※SRモード = レスポンスが早い・ダイレクトな操作感など…

7PXR付属のレシーバーである334SBS or R334SBS-EだとSRモード対応です。
T/Rセット ¥31,000 (wレシーバーセットは¥37,000)

それから、京商ミニッツ MR-03EVOにも対応しているそうです。

クローラーにはベストチョイスかも


設定画面が少し古めなスタイルのモノクロ表示である点を除けば、4PMはクローラー用のプロポとしてはベストチョイスかもしれません。

設定画面なんて購入した当初しか弄ることなんかありませんし、ぶっちゃけコレで十分です。
あとはシンプルでシャープなスタイル(デザインが優れてるとは言えないが)。
そして何よりも4ch仕様。

TRX-4やSCX10.3でも無い限り、4chあれば十分と言えば十分です(さっきと言ってること違うwww)。

そして何よりコスパが良い←重要

スーパーラジコンだとR314SE-EのT/Rセットが¥17,980(税込)スーラジ

これ相当お買得ですよね。

3PV

チャンネル数:3+1-CHANNEL
プロトコル:T-FHSS / S-FHSS / FHSS
ディスプレイ:LEDモニタ
テレメトリー:対応

現在のフタバにおけるホイラータイプのエントリー向けプロポがこの3PV
4PMも見やすそうな大きなLCDパネルが目を惹くデザインです。

双葉電子工業(Futaba Denshi)
¥14,980 (2021/06/07 11:26時点 | Amazon調べ)

コチラは3ch仕様です。

「3+1-CHANNEL」と書いてありますが4chプロポではありません。
+1chはミキシング機能用であり、4WSやブレーキミキシングで使用可能となっています。

付属レシーバーは4PMと同じ、
R314SB or R314SB-E 付属のT/Rセット ¥15,800〜¥16,800
※ミキシングで+1chを使う場合はこの4chレシーバーが必要

3chレシーバーR203GF T/Rセットは ¥13,800
そのほかサーボセット等いくつかのバリエーションがあります。

3ch受信機のR203GFノT/Rセットだと¥9,867!!!
安いわ。

テレメトリーなんてまあ使わないけど、オプションのセンサーを使えばラジコン側のバッテリー電圧を確認する事が出来たりと、RTRに付属してくるようなプロポとは次元が違う高性能。

海外物の付属プロポからのアップグレードにも良いチョイスかもしれません。
ただし、やはり3chというのは将来的に物足りなくなる可能性もあるので、あくまでもサブ機という位置づけかな僕の場合は。

その他のスティックプロポ(カー用)

フタバにはカー用のスティック型プロポが原稿で4機種あります。
ホイラーの3機種よりも多いんです。
驚きです。

僕がクローラー始めた時はフタバの空用14SGを使用していたので、スティック型プロポの微細なコントロール能力の高さは体験しているのですが、どうしても岩場や川岸での移動しながらの操作となると、片手操作が可能なホイラータイプがクローラーには最適だと感じています。

7XC


これはもう完全に7PXRのスティックタイプバージョンですね。
めちゃくちゃハイテク感を感じるスタイル。
もちろん7chです。

T/Rセットで¥92,000とか。
実売は¥70,000程。

4GRS

7XCが7PXRのスティック型なら
4GRSは4PMのそれなのかもしれません。

値段も¥32,500とミドルクラスの価格帯。
実売は¥23,000程

ATTACK 4YWD

4ch仕様
6.0V乾電池

値段は¥19,500
実売は¥14,000

見た目が80年代のプロポぽくて好きです。

ただ、今これをあえて導入する人はいるのだろうか。。。

2HR


2chプロポ。

スゴイデザインです。
斬新ですね。

原点回帰の2ch仕様で、細かいセッティングは一切無しです※基本的なモノのみ。

価格は¥9,300
実売がT/Rセットで¥6,000程。

うーーん、安いけどいらないかな僕は。。。(笑)


フタバのラインナップを調べていると色々と感じるモノがありました。

7PXRと4PMの中間グレードが無い

サンワで言うところの、M17とMT-Sの中間がMT-44とかM12S-RSにあたるのに対してフタバにはそれが無いんですね。

7PXR(フタバ) / M17(サンワ)
M12S-RS(サンワ)
MT-44(サンワ)

4PM(フタバ) / MT-S(サンワ)
3PV(フタバ) / MX-6 (サンワ)

「それがフタバの答え」なのかもしれませんけど。

いずれにせよ僕が今、フタバのプロポを買うなら、
3PVかな。

メインプロポはFLYSKYが有りますからね。
REDCAT GEN8用に安い国産プロポを導入するなら3PVかな〜。

双葉電子工業 https://www.rc.futaba.co.jp/
FUTABA USA https://futabausa.com/


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次