【SCX10ⅲ】純正バンパーの加工 〜 フォグランプ埋込

東京はすっかり春っぽくなってきました。
朝晩は冷えますが、風の匂いが春。
なんだかキュンとする季節です。

今回はAXIAL SCX10ⅲのバンパーを純正の物に戻す際に、フォグランプを埋め込んでみたのでその作業報告です。

その前に報告があります。


よく訪問して下さる読者の方はご存じだと思いますが、
当ブログ、Googleのアドセンス広告を掲載しています。

これによる報酬なんて鼻くそみたいな物でして、
ブログ運営の経費のほんの一部をになるだけなんですが、
先日いわゆる「アドセンス狩り」というやつに遭遇しました。

簡単に言えば、掲載広告のクリックを同一IPアドレスから連発する行為です。

確かにここ2.3週間で急にアドセンス広告の収益が数倍に増えており、「おかしいなぁ〜」と思っていたんです(笑)短期間にクリック数が増えたために、Google側から不正とみなされてしまったという訳。。。。(アドセンス狩りには色々なパターンがあり、悪意がないケースもあります。単に掲載位置の不備という説もあり)

その為、現在広告配信が制限され、全ての広告をOFFにしております。

まさか、月間6万PVくらいの弱小ブログがその対象になるなんて想像もしていなかったので、とてもショッキングでした。(悪意があったとしたら)

「海外のBotか何かかな?」と思ってたんですが、気になったので調べたら国内のIPアドレスからのクリックでした。残念・・・(T-T) 深追いすればIP特定も出来るんですが、今回はそこまで深追いするのは止めておきます。

この手の攻撃はよくあるそうなので、不正クリック防止のプラグインを入れておきました。

ということで、しばらくは広告の無い状態で逆にスッキリして見やすい状態が続くと思います(笑)

目次

AXIAL SCX10ⅲのバンパーを純正に戻す

SCX10.3購入時にアリエクスプレスで買ったスチールバンパー。
ずっとこの製品を使い続けてきました。

AliExpress.com Product – INJORA Metal Front Bumper with Led Lights for 1/10 RC Crawler Axial SCX10 90046 SCX10 III AXI03007 TRAXXAS TRX-4

LEDライトも付属していたり精度も良く、コスパの良いバンパーです。
重量もあるのでメリットも大きかったです。

ただし、ご覧の様に随分と出っ張っています。
ウインチを装着する為のスペースが確保されているので、こういう形状なんです。

この出っ張りはデメリットでしかありません。
色んな所に引っかかる引っかかる。。(笑)

上から見るとこの幅ですwww

ずっと気になっていたんですが、今回はコイツを外して別のバンパーに付け替える作戦です。

傷も相当激しいし、もう十分戦いましたね。
ありがとうございました。

SCX10ⅲの純正バンパー

10.3純正のバンパーをELEMENT ENDUROで使っていたのでこれを外して使う事にしました。

このバンパー、幅狭だし形状としてとても良いんですよね。
いままでそれに気がつきませんでした。

ただし、問題がひとつあります。

INJORAのバンパーにはLED埋込穴があるので、MyTrickRCのLEDをフォグランプとして埋めこんでいました。

あわせて読みたい
【カスタム】SCX10ⅲ – MyTrickRC LED取付 【カスタム情報 - MyTrickRC LED取付】 いろいろ調べた上げ句、自分を満足させるLEDキットはコレだ!!という事で入手した"MyTrickRC"のLEDを取り付ける日がきました。 ...

この配線、外すのが結構面倒くさいという事もあり、どうしようか考えた結果10.3バンパーに穴を開けてフォグランプを埋めこむ作戦を決行することにしました。こっちの方が面倒くさいんですが。。。(笑)

バンパーにフォグランプ埋込

色々考えた上げ句用意したのがこちら。
※オレンジのLEDはサンプル、実際使うのはイエローです。

ポイントはこれ。

5mmLED球を固定するアダプター。
道具箱の中を漁っていたら見つけました。
多分、なにかのLED製品に同封されていた物ダッタハズ。

こんな感じで爪が球の出っ張り部分に引っかかり抜けなくなります。

つまりこのアダプターをバンパーに固定出来ればOK。

単純にバンパーに穴を開けて取り付けようと思ったら1つ問題がありました。

ご覧の様にフロント部分が斜めになってるんです。

この状態で穴を開けて装着すると大分下向きになってしまうんです。
ということでもう一工夫する事に。

パテで埋め

タミヤのポリパテ。

これで体積を確保して穴を開ければ地面と水平にアダプターが取り付けられるようになります。(説明がむずい)

パテ埋めした後に穴を開けます。

広く開けすぎると失敗なので慎重に。

アダプターの先端がハマるように奥側だけ少し広めに

そして黒く塗装。

ガタガタですが裏なんでコレで十分です(笑)

フォグカバーを装着

埋めこんだだけだと見栄えが良くないので、このカバーで装飾します。

これはVanquish のスカウトボディを作ったときに付属していたパーツです。

あわせて読みたい
【ボディ製作】ヴァンキッシュVS4-10 Originのボディ製作 〜インテリア編〜 週末にマスキングから塗装まで完成したVanquish ProductsのVS4-10 Origin。 https://rccrawlers.net/2020/10/18/%e3%80%90%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e8%a3%bd%e4%bd%...

この左のやつです。

上からネジ止めしました。

少し斜めってしまいました。。。。

LED はこんな感じで固定されました。
※アダプターは瞬間接着剤で固定

この状態でバンパーを装着!!!!

のハズが・・・・

このバンパーって、一番奥まで押し込んで装着しなければいけないんです。

そんな大事な事を忘れていました。

配線の余った部分やLED球の後の方が少し干渉してしまいました。

色々と試行錯誤していたら

LEDのハンダが取れてしまうと言うオチ。。。

このあとハンダ付けし直して

なんとか完成

左側がやっぱりズレてる。。。

うらはこんな感じ。

完成

かなり控えめですが、光ってます(笑)
フォグというよりデイライト的な感じ。
でも十分満足です。

やっぱりこのバンパーいいですね。
シンプルだし

という事でプチ弄り終了です。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次