トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

 【HOBBYWING】もはや、ラジコンメカ界のトップランナーである「ホビーウイング」に期待したいこと。

ホビーウィング

http://www.hobbywing.com/

ラジコンやってる人なら誰もが知るメカパーツのブランドですが、現代のラジコンシーンにおいてホビーウイングは、もはや”トップランナー”とも言えるブランドだと個人的に感じています。

WEBサイトをたまに覗けば新製品のリリース情報が更新されていることもしばしば。なかなかある事でありません。

最近だと1/8用のフルセンサーブラシレスモーター用ESC
XeRun XR8 PRO G2

とか、

そのESCに適したブラシレスモーター
XeRun 4268 4274 G3

などがリリースされました。


こんな風に、メカパーツの総合メーカーが定期的に新製品をリリースしてくるって、ラジコン界ではとても珍しい事だと、昨年4月からラジコン始めた僕が言うことでも無いんですが、思うんですね。

家電メーカーとか、ガジェットメーカーとかなら分かるんですけど、世界的にもニッチな趣味の”ラジコン”ですからね。

そんなホビーウイングに、僕が期待したい製品があります。
それについて妄想していきます。

その前に、

アメリカの2台メカブランド

アメリカ製の有名なメカブランドと言えば、
TEKINCastle Creationsが、2台ブランドとして認知されていると思います。

REEDY、Maclanなど他にもメーカーはありますが、やはりTEKINとCastleでしょう。特にクローラーでは。

あわせて読みたい
【ESC】TEKIN RX4&BXR 前回のCastle Creastionsに続いて今回はTEKINのESCについて調べます。 【アメリカのメカ界の雄"TEKIN"】 https://www.teamtekin.com/ テキンテイキンティーキンティーケ...
あわせて読みたい
【ESC】CASTLE CREATION – MAMBA & Sidewinder 【Castle Creations】 キャッスルクリエイションズ通称「キャッスル」https://home.castlecreations.com/ アメリカのカンザス州に本拠地を構える、モーター&ESC、その...

クローラーユーザーに馴染みがあるのは、

TEKINならBXR(ブラシ)

CASTLEなら、SIDEWINDER3 & 4か、MAMBA Micro X。(ブラシ&ブラシレス)

僕も導入をずっと検討しています。
欲しいんです、欲しいんですよもちろん(笑)

でも、なんとなく踏み切れない理由があるんです。
詳しく書くと長くなるので割愛しますが、簡単に言えば保証関係とかフルセッティングする際に製品が別途必要になる部分です。

あとはコストパフォーマンスを優先してしまうお財布事情 www

HOBBYWING QuicRUN-WP-CRAWLER-Brushed
やっぱりコレ
ブラシ用のESCなら、現状これが総合面で最強と思います。

ただし、
ブラシレス用となると話は別

目次

XeRun AXE R2 ESC

最近国内でも導入する先輩方が増えているAXE R2。

スマホでESCの細かい設定が出来たりと現代仕様のブラシレス用ESCです。
恐らくこのシステム、今のクローラーメカ界では最強のコンボシステムかもしれません。

あわせて読みたい
“Hobbywing XERUN AXE R2″がちょっと気になり出す。 こないだ紹介したHobbywingのクローラー用ブラシレスシステム"Hobbywing XERUN AXE R2"のコンボセットのプレオーダーが開始されてます。 https://rccrawlers.net/2020/1...

ただし、高級品です。

コンボセット¥25,520(税込)国内正規品

あとはESC一体型モーターの、
QuicRUN Fusion BL ¥18,480(税込)国内正規品

こちらもなかなかの高級品ですね。

ブラシレスシステムはそもそも高いですが、
安価なイメージが優先されるホビーウイング製品でこの価格はまさにハイエンド品と言えるでしょう。

是非試して見たい逸品です。

ホビーウイングの廉価シリーズはQuicRun

ホビーウイングのクルマ用シリーズには3種類あることは以前のブログでも紹介しました。

  • XeRun
  • EzRun
  • QuicRun

コスパの面から言うとQuicRunです。

QuicRunにもブラシレス用のESCはあります。
QuicRun WP 16BL30
QuicRun WP 10BL60
QuicRun 10BL60/120 Sensored
QuicRun WP 8BL150

ただし、クローラー用と謳う製品では無いんです。
※設定でドラッグブレーキ100%とか設定は出来るんがクローラー用にチューニングされた専用品では無いという意味

と、前置きが随分長くなりましたが、僕がホビーウイングに期待したい新製品のひとつ目は

QuicRun WP Crawler Brushless

QuicRun WP Crawler Brushed

です!(笑)

ベストセラーである別名”1080″のブラシレスバージョン!!
センサーレスで良いです。←ここ重要
価格は実売¥7,000前後!!

やってくれないかな〜。
HWなら出来ると思うんだよな。

そしてふたつ目は

Xrotor 2306 Race Pro
Xrotor 2306 Race Pro

そうです!
クローラー用のアウトランナーモーター!!

HOBBYWINGは、クルマ、飛行機、ドローン、ボートと幅広いジャンルのメカ類を作っています。

ドローン用のモーターラインナップには、アウトランナーのセンサーレスブラシレスモーターがあります。※アウトランナーはセンサーレスである事が殆どのようなのでESCはセンサーレスタイプで良いんです。安くなるし。

XRotor 1408  Race Pro
XRotor 1408 Race Pro
XRotor 1106  Race Pro
XRotor 1106 Race Pro

この辺の技術を応用して、RCクローラー用の軽量かつ超ハイトルクなモーターを作ってくれないかな〜、なんて妄想しています。

HWにはそんなノウハウも資金力も十分あると思われるので、あとは需要がどれだけあるかですね。

ビジネスが成り立つレベルの需要はないのかな〜(笑)

と、そんな妄想でした。


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


のホビーウイングバージョン。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次