【メンテナンス】タイヤのクリーニングとグリップ復活

毎度のことですが、激しい死闘の後はタイヤがかなり汚れます。

そのまま部屋に飾るのも嫌なので1ヶ月に一度くらい、タイヤを全バラしして徹底的にクリーニングしています。

左がプロライン ハイラックス G8
右がJ-Concept Landmines

ハイラックスはそれほど汚れてませんが、買った当時の黒々とした艶が懐かしく一緒に作業してしまします。

ランドマインの方が砂埃が激しく付着しています。

これは御岳の砂地を走っているときにバッテリーが切れてそのままだったのが原因です。

水辺で洗ってから引き上げる方法もあるんだけど、フォームを塗らすのが嫌なので最近はそのまま持ち帰っています。

目次

タイヤとホイールの全バラし

2セットバラしました。

以前記事で取り上げた方法で組む方法だとバラすときも簡単です。

あわせて読みたい
【ホイール組み】大きな勘違いをしていました 昨日届いたINJORAのブラックホイール。早速 J-Concept Landminesに組み込みました。 オールブラックのホイールはやっぱり素敵。ネジが若干目立ちますが、良い感じです。...

タイヤの洗浄はもちろんシンプルグリーン。

その後天日干しします。

乾いたらお決まりのWD-40攻撃です。

グリップ復活という裏技的方法なので自己責任でお願いします。

そして再び乾燥。

室内でこの光景を長めならが仕事を続けました(笑)

良い感じで艶が蘇りました。

 若干ムラがありますが乾いたら多分均一になるはず。

ハイラックスの鬼グリップはこのパターンから生まれます。

決してスケール感があるタイヤとは言えませんが最高のタイヤです。

これでまた、次なる対戦準備が整ってきました♬


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次