トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

【RCバギートラック】HBX 1/16 RACING 4×4 TRUCK – アマゾンの安いラジコン 第2弾

※今回はプロモーションを含む内容です。

2ヶ月ほど前に紹介したアマゾンで買った激安1/18バギー。

あわせて読みたい
【RCバギー】HBX 1/18 Ratchet – アマゾンで安いラジコン買ってみました。 ※今回はプロモーションを含む内容です。 ラジコン始めた最初の頃は、クローラーにしか興味がなかった訳ですが、フィールドに出向く度にもうちょっとスピード感のあるマ...

それと同じ”HBX”というブランドの別の製品を入手したのでレビューします。

まずも商品ははこちらになります。

このブランドの製品は年中クーポンを配布しているので表示価格より安く買うことが出来ます。
11/6現在だと”10%OFFクーポン”が適用できます。

ラジコンカー HBXラジコンカー オフロード 1/16スケール 4WD RTR 電動RCカー 2.4Ghz無線操作 リモコンカー 40 km/h 高速車 競技可能 レーシング 全地形対応 オフロード ラジコンモンスター防水トラック 子供と大人用 最新型 USB充電式 耐衝撃 RCバギートラック プレゼント 贈り物(青い)

商品名がもの凄い状態になってますが正式名称は、
HBX RACING 4×4 TRUCK 1/16」です。

サイド。
この黒いタイプの製品は日本では流通してないみたいです。


このHBXというブランド、正式名称は”HBX Hobby”。
そして中国の”HAIBOXING”という会社の製品になります。

http://www.hbxhobby.com/Home/Index/product/lid/1.html

結構色々な製品があります。

こんな1/24スケールのクローラーもあったりします。
こちらは国内入手不可でアリエクスプレスでは買えます。

AliExpress.com Product – RCtown HBX 2098B 1/24 4WD Mini RC Car Crawler Metal Chassis for Kids Toy Grownups HBX 2.4G 2CH 1/16 16890ブラシレスRCカー高速45KM / Hビッグフット車両モデルトラック

あとはこんなブラシレスシステム搭載のマシンなんかもBangoodで購入出来ますが、国内のAmazonでは入手出来ません。

目次

開封の儀&付属品詳細


開封すると丁寧な梱包。

取っ手付きのクリップ。
これ便利ですよね。

7.4V 1000mAhのリポバッテリー(2セル)が2本付属しています。

2本付きというのはとても有り難いです。
以前の1/18バギーRatchetは750mAhが1本のみでした。
※現在販売のタイプは2本付属してるものもあるみたい。

このバッテリー、めちゃくちゃショートバッテリーなので1/10クローラーでも使えます。
しいて言うなら3セルじゃ無い事が若干不満ですが(笑)

付属の充電器はお馴染みのUSBタイプ。
バランスケーブルから充電します。

これも流用出来るのでお得ですが、やはり2セルまで対応なので3セルには使えません。

1.3A充電です。

プロポはもちろん技適付き

HBXが国内で販売している製品にはきちんと技適シールが貼ってあります。

こういうの見ると「偉いな〜」と関心させられます。
技適番号:210-131228

自立するタイプのプロポです。
これも嬉しい仕様。

バッテリーは単3電池2本。
遊ぶときに予備を持っていた方が安心ですね。

調整はステアリングトリムとスピードコントロールの2つ。

スピードのツマミマックスだと早すぎるので室内では最弱くらいが丁度良いです。

エクステリア

いわゆるトラクサス X-MAXXスタイルのモンスタートラックスタイルですね。

ぱっと身は正直オモチャ感が否めませんが、ボディカラーとホイールリムの感じが原因だと思います。

これは追々塗装し直そうかなと思っています。

でも迫力は結構あります。

標準でLEDライトが装着されています。

後ろ姿はこんな感じ。

よく走りそうですよね。

メカ関連

ボディを外すとこんな風

シャシーのサイド部分にON/OFFスイッチが埋めこまれています。
これ、結構便利です。

シャシーの形状もX-MAXXとクリソツです。

こちらX-MAXX。

フロント部

リア部

モーターは390タイプです。
ESCはレシーバー一体型です。

見えにくいけどステアリングサーボ。

良く出来てますね〜。

タイヤは42mm幅で直径80mmでした。

サスストロークも大きくてよく動く足回りです。

センターから出ている配線はLED用です。

こちらはフロント流石伸びきった状態

目一杯押し込んだ状態。

このリムはデカールで無くて塗装です。

あと、ホイールの脱着はセンターになるプラスネジ方式です。
手持ちのホイールを付けるのはちょっと難しそうです。

遊んでみました。

こういうスピードの出るマシンを遊ばせるのって、クローラーのスポット探しより大変です。東京というコンクリートジャングル地帯の定めでもあります。

なので以前行った稲城市の多摩川河川敷で走らせる事にしました。

多摩川って、所々砂漠地帯があるので結構楽しめました。

40kmと言うスペック表記に偽りを感じないほどパワーとスピードがあるので、砂場だとすぐにスタックしてしまいました。

デフロックされていないので、こういう場所は難しいですね。

でも、爽快にグイグイ走らせてあそびました。
スピードのあるマシンは楽しいですね〜。

タイヤサイズが大きいので、こんな悪路でもピョンピョン飛び跳ねながら走ってくれます。

コイツ、面白いぞ!

と思ったつかの間、バッテリー切れ。。。

でも、そうです、
予備バッテリーがあるので交換してすぐ復活。

マシン自体が軽いので、転ぼうが何しようが壊れる気配は全くありません。

総合評価

前回の1/18Rachetもそうでしたが、完全なるホビーラジコンなのにこの価格帯というのはコスパ最高だと思いました。

子供に操作させるにはちょっと速度域がありすぎる気もしますが、広い場所で遊べるなら全然ありかと思います。

個人的にはこのブランドのクローラー関連ラジコンがどんなものか一度試して見たいですね♪


Rock’n Crawlersをメール購読する!

メールアドレスを入力して登録することで、ブログの更新がメールで通知されます!是非登録してみてください♬
※購読確認のメールが届くので確認ボタンをクリックして下さい。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次