トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

【ビルド】SCX10ⅲ No.17 – マイクロサーボ取付 – G3

目次

AXIAL SCX10 ⅲ
ビルド情報 その17 マイクロサーボ取付

マニュアルで一番最後まで作業出来なかったマイクロサーボの取付。

先日紹介した3Dプリント出力で入手したサーボセイバーを利用してSCX10ⅲに取付していきます。

マニュアル / instruction

ご承知の通り
【SPMSSX107】はSCX10ⅲのキットには”Not include” 付属していません。

SPEKTRUM社製 SX107 マイクロサーボを購入しないと手に入りません。
または、AXIAL CAPRA用のDIG&2-SPEED用パーツ【AXI31009】ならOKという情報もあります。

ただ、コレ、

微妙にサーボホーンの形が違います。
セイバーは同じだと思うのですけどね。

部品 / Parts

DMMでプリントした墓石タイプと

このブログの読者さんの知人さんから提供いただいたセイバーを利用します。

マイクロサーボは【MG92B】
1個1000円の中途半端な値段の中華サーボ。

組立開始 / Assembly

サーボセイバーを圧入〜。

黒い方もパワープレイで圧入〜。

ホーンとかバネとか組み込んで完成。

シャーシに固定。

完成 / complete

まず、説明書のトランスミッションの欄に、レバーの細かい指定があります。
DIGが倒れた状態で6.99mm たった状態で0.89mm
ミッションが引いた状態で7.24mm、押し込んだ状態で1.04mm

細かい!!!

ここはそれなりに組み立ててしまったので、
若干動作に難アリという結果になりました。
そのうち調整しますが、ちゃんと切り替わるのでしないかな。。。

DIG OFF

DIG ON

LOW GEAR

HIGH GEAR


まず、DIGの方は、切り替えてもサーボホーンの楕円の中のレバーが移動してません。
つまり、DIG ファンクションは付属のホーン使わないで直付けでも問題無さそうです。

一方、ミッションの方はちゃんとレバーが移動しています。
つまり、直付けだとサーボがミッション側に負荷がかかることになるか動かないでしょう。

あと、これは裏技的な事ですが、
DIGファンクションのエンドポイントの設定で、
4WD→2WD→DIG ON
という3種類の切り替えも可能です。

DIGのON/OFFの中間地点だとFFになるイメージです。
そんなの使う意味あるのか分かりませんけど。


動作チェックの動画です。

DIGも2-Speedも難しいのがエンドポイントの設定。

自分の空用プロポ フタバ14SGの設定画面で、サブトリムとエンドポイントの設定を何度もしていますが、
ジジジジジジ・・・。
って負荷がかかってる音がしてしまいます。

エンドポイントを弄って調整すると、今度は切り替えに必要なストロークが足りなくなる。

きっとどこか一番良いポイントがあるハズなんだけど、それが発見出来ません。。。

フタバ 14SG
サブトリムがこんなことになってるのはサーボホーンの取付位置が間違ってるのかもな

エンドポイント
動作量とリミットポイントの設定があって、これが良くわからん。

勉強します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次