トップページの記事一覧部分 デザイン変更中

MyTrickRC – LEDライト

まず、今回のブログ長いですwww。
書き終わって、自分でも引くくらい調べていましたwww
テレワークの恐ろしさを感じております。


ラジコンに装着するLED電飾パーツを探していてたどり着いたのが「MyTrickRC」です。

https://www.mytrickrc.com/

ここのパーツを選んでおけば間違いは無さそうな匂いがプンプンします。

各メーカーから専用だったり汎用のLEDキットが出てますが、
色んな面でこちらの方が上質な印象を受けます。
※VANQUISH製品は例外として


目次

大まかな概要

LEDキットで重要なのはコントローラーですが、
MyTrickRCには4つのコントローラーがあります。

  • UF-7C
  • SQ-1
  • Drift-X
  • DG-1 DRAGON

コントローラーによって動作などに差があります。

簡単な特徴は

UF-7C:どんなジャンルにも使えるスタンダード(12系統)
■SQ-1:コンパクト仕様(4系統)
■Drift-X:ドリフトに特化したパターン発光モード
■DG-1 DRAGON:オフロード走行向けの高輝度タイプ

もっと掘り下げると

「Drift-X以外は防水設計」
クローラーなら防水設計は必須ですね。

9V乾電池から電源確保が出来る(UF-7)

プロポの空きチャンネルで操作ができる

DRAGONは明るさの調整(3段階)もプロポで出来る
消灯から3つの明るさの動作をプロポのスイッチの切替で操作できます。

「DRAGONだと高輝度ライトバーなどのアクセサリが豊富」
このライトバーがDRAGONの最大の特徴。
滅茶苦茶明るいですね。


受信機でのON/OFFが標準仕様

UF-7CはUF-7の後継機で最新のタイプです。
オフィシャルサイトやショップにはUF-7の情報もあるので注意です。
UF-7は防水ではないです。

あと個人的に最も惹かれるのが、受信機の空きチャンネルからON/OFF操作ができるタイプのコントローラーだということ。

色々なLEDキットがあり、ステアリング操作でウインカーが出たり、スロットルの加減で明るくなったり、など、そういうギミックは大抵付いているのだけど、受信機でON/OFF出来るタイプのコントローラーは結構少ないです。
※中国産の安いスイッチやフタバのCPS-1でON/OFFは実装可能。

自分のプロポはフタバの14SGで、S-FHSSで使っても8chあります。
SCX10ⅲで4ch使ってもまだ4ch空きがあるのです。

スイッチでカチカチ照明コントロール出来たらニヤニヤが止まらなそうでワクワクします。


この4種類をクローラーで使うとするなら、
UF-7CかDG-1 DRAGONでしょう。

UF-7C

https://www.mytrickrc.com/shop/uf-7c-rc-lighting-controller/

様々なタイプのラジコンに使えるように、様々なパターンが登録されています。

• ロッククローラー 
• ショートコース–スタジアムトラック–バギー
• ストリートカー 
• ドリフトカー
• 緊急車両
• 航空機
• ボート
• トレーラー   

この中から13タイプの点滅スタイルを選択可能。

基本的なのはもちろんですが、サイレントかバックファイヤーなんてのもあります。沢山LEDを付けて楽しみたい人には最適でしょうね。

ただし、ウィンカーをステアリング動作に連動させて点滅させることは出来ない模様。
これはMyTrickRC社の考えなのでしょう。

実際、確かにその機能はクローラーやオフロード車には必要無いですよね。
※UF-7CとDRAGONではウインカーライトはハザート点滅か減光点灯でウイポジ化することが出来ます。

※DRIFT-Xコントローラーにはサーボからの分岐入力でウインカー動作が可能です。


もちろん防水です。
空きチャンネルでのON/OFF(アクションの切替含む)

それに、9V電池から電力確保が出来ます。

ESCの電点をONにしないでもライトが付くってことですね。
これも他には無い仕様です。
仕様というか、コネクタが付属してるだけだけど。。

9V電池から電源を取らない場合は、レシーバーからの電源確保になります。
後述する「DRAGON SYSTEM」はバッテリーから直接電源確保します。
ここが大きな差の一つです。

※UF-7とUF-7Cの差は防水だけかもしれません。イマイチ良く分かりませんが、最新コントローラーはUF-7Cです。


MyTrickRCの商品購入方法は他とちょっと違い、パーツを自分でカスタマイズ可能です。

こんな風にコントローラーとハーネス付きLEDの数を選んでカスタイズできます。

「Single LED」というのは

こういう事です。

「Dual LED」

こういう事になります。

なのでクルマだとDUALタイプのLEDを選択することになると思います。
※40cmのハーネスが付属しています。ツイストしてるのがありがたいです。※LEDは3mmと5mmがあるので付ける位置によって選択可能です。

こういう買い方は無駄がでないのでイイデスネ。

DRAGON SYSTEM

https://www.mytrickrc.com/shop/dragon-lighting-system/#lightbox[auto_group1]/0/

クローラー界ではこっちの方が支持されていると思われます。

「 insane brightness」
直訳すると「非常識な明るさ」。
これが最大の売りです。

• ヘッドライト
• ライトバー
• テールランプ
• ブレーキライト
• ランニングライト
• リバースライト

などを制御するモードが7つあります。
※説明書を見る限りモードは5つぽいけど。。

このモード切替はプロポのスイッチで押す度に変わる仕様で、
明るさをOFF→LOW→MED→HIGHと切り替えられます。

高輝度を実現するために、
電源は分岐コネクタを利用してバッテリーから直接とります。
3セルのリポももちろん使えます。

ポート数は6つ。
UF-7Xは12個ありましたが、スケールクローラーの場合は6つもあれば十分過ぎると思います。

接続もシンプルです。

付属のスプリッターハーネスをレシーバーのスロットルに。
スプリッターハーネスの分配コネクタからESCに。

赤いコネクタはレシーバーの空きチャンネルに。

あとはバッテリーですが、
リポのバランスポートに繋ぐだけでOKという素晴らしい仕様です。
これは他では見たこと無いですね。

まとめるとこんな感じ。 日本語表記を勝手に追加しました。

ニッケル水素バッテリーを使ってる場合は、

こんな分岐ハーネスもあります。


DRAGONの場合、UF-7Cで選択するような5mmや3mmのLEDでは
DRAGONにする意味がありません。

なのでDRAGON用に他のLEDユニットも用意されています。
※実際にはUF-7Cでも別売りのレギュレーターを使用すれば仕様可能。

Attack 19mm Rectangular Headlight Pair $29.95

https://www.mytrickrc.com/shop/attack-rectangular-headlight-pair/

こんなLEDがあります。
真ん中のラインだけ光らせたり3ライン光らせる事も出来ます。

でもコレはSCX10ⅲのヘッドライトには装着出来ないかな〜。

Attack 17mm Round Headlight Pair $23.95

https://www.mytrickrc.com/shop/attack-phazer-17mm-round-headlight-pair-2/

と思ったら丸形ありました。

これはAXIAL SCX10ⅱのJKラングラーですけど、まさにピッタリンコですね。

Attack 17mm Yellow Halo Headlights $19.95

https://www.mytrickrc.com/shop/attack-17mm-yellow-halo-headlights/

ハロライトもあります。

色は、白、緑、赤、青、オレンジ(イエローとありますがアンバーです)

ハロライトの中央には、

これを仕込むという手もあります。


あとこれはTRX4用ですが「ロックライト」と言って、フェンダーの下に埋めこんで夜間のクローリングに役立つシステムもあったりしますwww

Light Bars

https://www.mytrickrc.com/shop/attack-6-light-bar/

マウント付きのライトバー。

ライトバーも色々な種類が他のメーカーから出てますが、
輝度に関してもこちらが最強ではないかと思います。
多分ですが。。。

ですが、
ラングラーにライトバーはイマイチ似合わないかな。。
そんな気がします。

ルーフラックがあればバランス良い感じがします。


汎用性の高そうなUF-7Cも気になりますが、
クローラーならDG-1 DRAGONでしょうか。
そんな気がします。

バラバラで買うとなんだかんだで$80〜$100しちゃいます。
なので、キットがちゃんと用意されています。

まずは汎用キット

UF-7 Off Road Rock Crawler Light Kit $49.99

https://www.mytrickrc.com/shop/off-road-rock-crawler-light-package/

コントローラーが最新のUF-7Cではありませんが、

  • ヘッドライト 1(合計2発)
  • テールライト1(合計2発)
  • フロントマーカー 1(合計2発)
  • ドライビングライト 3(合計6発)

の4種類が楽しめます。

UF-7 Off Road Rock Crawler Deluxe Kit $67.99

https://www.mytrickrc.com/shop/axial-2017-wrangler-light-kit/

先ほどのキットにアンダーライト用のLEDと3分岐ハーネスが追加されたキットです。

さらに、車種専用キットもあります。

Axial 2017 Wrangler Light Kit $69.99

https://www.mytrickrc.com/shop/axial-2017-wrangler-light-kit/

こちらはDRAGONコントローラー仕様です。

  • 高輝度のライトバー
  • ハイパワーヘッドライト
  • テールブレーキ
  • フロントマーカー

の4種類が付属しています。

でもこれ、単に単品をパッケージ化させただけですね。
前回紹介したSY-RCのSCX10ⅲ用のキットもそうでしたね。

クローラーラジコン初心者の日記 -...
SY-RC / SCX10ⅲ用のライトキット | Rock’n Crawler SY-RC / SCX10ⅲ用のライトキット

なので、キットに高輝度ヘッドライトやHALOライトが付属されてはいません。
通常のLED球+高輝度ライトバーのセットとなります。

ちなみにTRX4のキットは

こんな風に、ボディの形状に合わせた専用パーツで構成されています。


AXIAL SCX10ⅲは間違いなくメジャー製品なので、今後専用のキットが出ることは間違いないでしょう。

ただし、SCX10ⅲのJLラングラーボディは、

ヘッドライト
テールライト

のみというシンプルな仕様なので、MyTrickRCが特別な仕様にしてこない限り、構成はシンプルなモノになると思います。
なので、キット待つ必要は無いかもしれません。

そもそも、ラングラーはガチャガチャ付いてない方がカッコイイと思いますし。


買うかも分からないのに、変態的なまでの探究心でかなり突っ込んだ調査をしましたが、「MyTrickRC」実に興味深いメーカーです。

導入するならココのモノにしたいです。

冷静に考えると、
「そんな高輝度ライトいるのか?」
という、趣味の世界で考えてはいけない方向になりそうではあるのですが。。

画像引用:MyTrickRC

https://www.mytrickrc.com/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次